採用情報のタイトル画像

定年制職員(新卒)

就職活動中のみなさまへ
 ~人事部長メッセージ~

 
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)は、平成28年4月に発足したばかりの法人です。QSTは、量子科学技術に関する研究開発、放射線の人体への影響、医学利用、放射線防護に関する研究開発、被ばく医療に関する研究開発を推進し、また、我が国の放射線医療体制の中核を担う法人です。さらに、核融合研究開発の推進のために、国際熱核融合実験炉(ITER)を米国、欧州等と共同で製作し、研究開発を推進する事業を責任を持って着実に遂行していく法人でもあります。どの事業もとても重要でやりがいのある事業です。

 そして、研究開発で得られた成果を広く社会に還元するため、産業界や大学、他の研究開発法人との人材交流や共同研究などを通じて産学官連携活動に積極的に取り組むことで、量子科学技術による新たな知を創造し、量子科学技術を介して世界中の人々と交流することで、異文化理解・尊重を育み、これらにより「調和ある多様性の創造」を推進し、平和で心豊かな人類社会の発展に貢献していきたいと考えています。

 QSTは発足したばかりのため、今後QSTが発展していくためには新たな人材が必要です。特に、科学技術の探求を使命とする研究開発機関においては、若い力の絶えざる注入が必要であることは言うまでもありません。

 私たちとともに、未知の世界にチャレンジし、各々が専門分野の先駆者として果敢に挑戦してみませんか。みなさんのご応募を心からお待ちしております。