研究部門のタイトル画像

研究部門

放射線科学で健康と安心を支える
(放射線医学総合研究開発部門)

放射線医学総合研究開発部門の写真「放射線の革新的医学利用のための研究開発」と「放射線影響・被ばく医療研究」を2つの柱として研究を遂行しています。これらの研究を推進するために、研究所の病院を活用し、特に、重粒子線がん治療の国民医療への普及・定着に向けた取り組みや、高度医療被ばく支援センターとしての機能を整備して原子力災害時の医療体制に貢献します。また、東京電力福島第一原子力発電所事故への対応で得た経験をもとに、人や環境に対する放射線の影響に関する調査研究で復興再生に貢献するとともに、様々な研修などを企画・実施し、量子科学技術分野を担う人材や、放射線防護および安全取扱に関係する人材、幅広く放射線の知識を伝える人材の育成に取り組みます。

研究成果事例

放射線モニタリングシステム「ラジプローブ」
放射線災害発生時に現地の状況を遠隔地でリアルタイムで確認できるシステム
認知症原因物質診断化合物 PBB3
認知症の原因物質のひとつとされるタウタンパク質を生体中で可視化できる世界初のPET薬剤
高速ホットスポットモニタ R-eye
従来のサーベイメータより10倍近い測定スピードで、移動しながら放射線量の測定が可能な測定器
微量血漿中放射能濃度測定システム
PETを用いた小動物による薬物動態解析等の支援ツールとなる測定システム
 

量子ビームで明日のテクノロジーを切り拓く
(量子ビーム科学研究部門)

量子ビームで明日のテクノロジーを切り拓くの写真高崎量子応用研究所と関西光科学研究所を活動の拠点とし、荷電粒子・放射性同位元素(RI)、中性子、光量子、放射光などの様々な量子ビームの発生・制御やこれらを用いた高精度な加工や観察などに係る最先端の技術開発を推進しています。また、量子ビームの優れた機能を総合的に活用して、物質・材料科学、生命科学等の幅広い分野において、世界を先導する研究開発を推し進めており、革新的な成果の創出や先進的な量子ビーム利用技術の普及拡大を通して、科学技術イノベーションの創出を促進し、我が国の科学技術・学術の発展、産業の振興等に貢献しています。

研究成果事例

貴金属を使わない次世代燃料電池車
「アルカリ型」燃料電池車の実現に向けた新電解膜の開発に成功
植物中の物質の動きを放射線でライブ観察
イネ科のヨシは、根から吸収したナトリウムを常に送り返して排除していることを世界で初めて発見
薬の効果とタンパク質の立体構造の関係を解明
抗体(抗がん剤)が、がんを細胞死に導くメカニズムを世界で初めて解明
高強度レーザーによる未来の小型加速器研究
レーザー加速技術によるがん治療用小型加速器の実現に道筋
レーザーでコンクリート内部の欠陥をすばやく検知
振動励起レーザーで、コンクリート内部の欠陥を従来の50倍の速さで検知
放射光X線による窒化物半導体成長ライブ観察
高品質な窒化ガリウム結晶の成長技術の開発で、小型化省電力化に貢献
 

核融合エネルギーの実用化を目指して
(核融合エネルギー研究開発部門)

核融合エネルギーの実用化を目指しての写真地球環境に優しく安全性に優れた“地上の太陽”を実現するため、世界規模で核融合エネルギーの研究開発を進めています。核融合とは、軽い原子核どうしが衝突して重い原子核へと<融合>することです。星や太陽が輝きつづけるのも、この核融合エネルギーによるものです。核融合エネルギー研究開発部門では、国際協力により核融合エネルギーの科学的・技術的成立性を実証する「ITERの研究開発」、核融合反応で燃料を燃やし続ける研究をする「核融合プラズマの研究開発」および核融合プラズマの実現を支える「核融合理工学の研究開発」を3本柱とし、核融合エネルギーの早期実現を目指して、総合的に研究開発を推進しています。

研究成果事例

JT-60において世界最高性能の核融合プラズマを実現
核融合反応を起こすために必要とされる1億度をはるかに超える、世界最高イオン温度5.2億度(ギネスブックに登録)等を達成
世界最大の高性能超伝導コイルの開発に成功
ITERの主要機器である高温プラズマを閉じ込めるために必須な高磁場を発生させる大型超伝導コイルを開発
世界最高性能のプラズマ加温装置を開発
ITERの主要なプラズマ加熱装置の開発により、ITER計画の実現に大きく貢献
核融合専用スパコンによる日欧共同核融合炉設計研究
シミュレーション技術を駆使して、核融合原型炉の設計が高度化
熱を取りだし、燃料を増殖するブランケットの開発
核融合の燃料であるトリチウムの生成に必要なリチウム資源確保と、生成したトリチウムの回収に関わる技術の開発
核融合材料の照射施設の設計・要素技術の実証
核融合炉環境を模擬した高速中性子照射施設の建設に必要なデータを取得
 
このページの評価・感想はこちらからのリンク