現在地
Home > 量研について > 平成30年度 第2回記者懇談会

量研について

平成30年度 第2回記者懇談会

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

10月31日(水)今年度 第2回記者懇談会を開催しました。


 今回のテーマは、「ITER建設の進捗状況について」についてです。
 核融合とは? ITERとは?に始まり、フランスで工事が進むITERの建設状況を、写真やVRシステムなどを利用して紹介しました。また10/10にITER建設サイトで開催された報道機関向けの報告会「Media Days 2018」の内容も報告しました。さらにITERに先立ちイタリアで試験を開始した、中性粒子入射加熱装置(NB)の試験施設への日本の貢献についても、日本国内での製作の様子や船での搬出、現地での組み立て作業なども報告しました。
  多くの記者の皆様にご参加いただき、活発に意見交換を行う貴重な機会となりました。


日時       2018年10月31日(水)13:30~15:30
会場       量研 東京事務所
プログラム   「ITER建設の進捗状況について


13:30~13:40 量研 平野理事長 挨拶

平野理事長挨拶

平野理事長の挨拶

 

13:40~14:30  「ITER建設の進捗状況の紹介」

核融合エネルギー研究開発部門 那珂核融合研究所
ITERプロジェクト部 次長 井上 多加志

進捗状況について説明する ITERプロジェクト部 井上次長

進捗状況について説明する ITERプロジェクト部 井上次長

 

14:30~14:50「ITER NB実機試験施設の試験開始」 

核融合エネルギー研究開発部門 那珂核融合研究所
ITERプロジェクト部 NB開発グループリーダー 柏木 美恵子

説明する ITERプロジェクト部 柏木NB開発グループリーダー

説明する ITERプロジェクト部 柏木NB開発グループリーダー

 

14:50~15:30 「質疑応答、意見交換」

活発な意見交換の様子
​​活発な意見交換の様子

 

 

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?