現在地
Home > 量子生命科学領域 > 生体分子シュミレーショングループ

量子生命科学領域

生体分子シュミレーショングループ

掲載日:2019年3月28日更新
印刷用ページを表示

生体高分子機能の動作原理を理解する

ヌクレオソーム アセチル化はヌクレオソームの状態を変える

生体分子シミュレーショングループは、タンパク質や核酸複合体の分子モデリング及び分子シミュレーションと生化学及び分子生物学アプローチにより、生体高分子がどのような動きをして機能を発揮するのかを解き明かす研究を行っています。特に、細胞核内のDNA状態に注目して、クロマチンの状態変化のメカニズムを調べています。このような研究により、新規機能を持ったタンパク質を創成したり遺伝子のオンオフや細胞の分化を制御したりできるようになるかもしれません。

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?