現在地
Home > 量子生命科学領域 > 突然変異生成機構研究グループ

量子生命科学領域

突然変異生成機構研究グループ

掲載日:2019年3月28日更新
印刷用ページを表示

突然変異発生及び発がんの理解へ

突然変異

突然変異の生成は発がんとも関連し、生命の本質に深く関係します。突然変異及び発がんの起きやすさは両者とも放射線の生体へのエネルギーの与え方に依存することが知られています。すなわち、様々な放射線の種類によって突然変異発生や発がんへの効果は異なります。この効果の違いを生じさせるメカニズムを調べることで、生命現象の本質に迫ることが可能になると考えられます。本研究グループでは、放射線によって生じる電離や励起に基盤をおいて論じられてきたこれまでの考え方に加え、極めて小さい時間・空間スケールにおける放射線による新規現象の探索を通じた突然変異生成メカニズムの理解、さらには発がん初期メカニズムの解明を目指して研究を進めます。

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?