現在地
Home > 光量子科学研究部 > 関西光科学研究所 | 組織:高強度レーザー科学研究G

光量子科学研究部

関西光科学研究所 | 組織:高強度レーザー科学研究G

掲載日:2019年9月14日更新
印刷用ページを表示

光量子科学研究部

グループリーダー 神門 正城

研究の概要

世界トップクラスの高強度レーザーであるJ-KARENレーザーなどの技術開発を基盤として、電子やイオンのレーザー加速開発や高強度物理など学術の最先端を目指した研究を行っています。

メンバー

神門 正城 グループリーダー
エシロケポフ ティムル 上席研究員
小瀧 秀行 上席研究員
榊 泰直 上席研究員
西内 満美子 上席研究員
森 道昭 上席研究員
林 由紀雄 主幹研究員
近藤 康太郎 主任研究員
今 亮 任期制職員
中新 信彦 主任研究員(出向中)
ホァン カイ 研究員
ロウ ヘーゼル フランシス 研究員
コーガ ジェームズ 専門業務員
ドーバー ニコラスピーター 博士研究員
塩川 桂一郎 QSTリサーチアシスタント
守田 利昌 任期付職員
ピロジコフ アレキサンダー 上席研究員(併任)
ジドコフ アレクセイ 客員研究員
渡辺 幸信 客員研究員(九州大学教授)
宮武 立彦 連携大学院生

以前所属していたメンバー

ゴンザレスイスケルド ブルーノ 学振外国人研究員
張 以澤 実習生

主な研究内容

  1. 世界トップクラスの高強度レーザー(J-KAREN-P)の開発
    先端レーザー技術研究開発グループと共同で、世界トップクラスの高強度レーザーの開発を行っています。30Jのレーザーエネルギーを30フェムト秒(1フェムトは1000兆分の1)の時間に閉じ込めることにより1000兆ワットの超高強度を実現できます。(写真は、強力な励起レーザーの光で緑色に光っています。)

    主な研究内容の画像1

  2. 高強度レーザーによる新しい科学分野の開拓
    高強度レーザーによる未来の小型加速器の研究を行っています。高強度レーザー(J-KAREN)による新しい加速法「レーザー加速技術」を開発することで、粒子線がん治療器にも応用可能な小型加速器が実現できます。

    主な研究内容の画像2

業績リスト(論文、受賞、プレス発表等)

  1. 論文

   2019年

  • Yasuhiko Tachibana, Takayuki Obata, Jeff Kershaw, Hironao Sakaki, Takuya Urushihata, Tokuhiko Omatsu, Riwa Kishimoto, Tatsuya Higashi, "The Utility of Applying Various Image Preprocessing Strategies to Reduce the Ambiguity in Deep Learning-based  Clinical Image Diagnosis", Magnetic Resonance in Medical Sciences; https://doi.org/10.2463/mrms.mp.2019-0021 , Published Online (May 10, 2019).
  • James K. Koga, Masakatsu Murakami, Alexey V. Arefiev, Yoshihide Nakamiya, "Probing and possible application of the QED vacuum with micro-bubble implosions induced by ultra-intense laser pulses", Matter and Radiation at Extremes, 4 (3), 034401 (2019); https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5086933
  • M. Murakami,  A. V. Arefiev, M. A. Zosa, J. K. Koga, Y. Nakamiya,"Relativistic proton emission from ultrahigh-energy-density nanosphere generated by microbubble implosion", Physis of Plasmas 26, 043112 (2019); https://doi.org/10.1063/1.5093043

   2018年

  • Hiromitsu Kiriyama, Alexander S. Pirozhkov, Mamiko Nishiuchi, Yuji Fukuda, Koichi Ogura, Akito Sagisaka, Yasuhiro Miyasaka, Michiaki Mori, Hironao Sakaki, Nicholas P. Dover, Kotaro Kondo, James K. Koga, Timur Zh. Esirkepov, Masaki Kando, and Kiminori Kondo, "High-contrast high-intensity repetitive petawatt laser", Optics Letters 43 (11), pp. 2595-2598 (2018); https://doi.org/10.1364/OL.43.002595
  • James .K Koga, Sergei V. Bulanov, Timur Zh. Esirkepov, Masaki Kando, Stepan S. Bulanov and Alexander S. Pirozhkov, "Relativisitcally upshifted higher harmonic generation via relativistic flying mirrors", Plasma Physics and Controlled Fusion 60 (7), 074007 (2018); https://doi.org/10.1088/1361-6587/aac068 ; ibid., "Corrigendum: Relativistically upshifted higher harmonic generation via relativistic flying mirrors (2018 Plasma Phys. Control. Fusion 60 074007)"; https://doi.org/10.1088/1361-6587/aad012
  • Masaki Kando, Timur Zh. Esirkepov, James K. Koga, Alexander S. Pirozhkov and Sergei V. Bulanov, "Coherent, Short-Pulse X-ray Generation via Relativistic Flying Mirrors", Quantum Beam Science 2 (2), 9 (2018) [Review]; https://doi.org/10.3390/qubs2020009
  • K. V. Lezhnin, F. F. Kamenets, T. Zh. Esirkepov and S. V. Bulanov, "On annihilation of the relativistic electron vortex pair in collisionless plasmas", Journal of Plasma Physics 84 (6), 905840610 (2018); https://doi.org/10.1017/S0022377818001162

   2017年

  • M. A. Alkhimova, A. Ya. Faenov, I. Yu. Skobelev, T. A. Pikuz, M. Nishiuchi, H. Sakaki, A. S. Pirozhkov, A. Sagisaka, N. P. Dover, Ko. Kondo, K. Ogura, Y. Fukuda, H. Kiriyama, K. Nishitani, T. Miyahara, Y. Watanabe, S. A. Pikuz, M. Kando, R. Kodama, and K. Kondo, "High resolution X-ray spectra of stainless steel foils irradiated by femtosecond laser pulses with ultra-relativistic intensities", Optics Express 25 (23), pp. 29501-29511 (2017); https://doi.org/10.1364/OE.25.029501

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?