現在地
Home > 量子生命科学研究 > 関西光科学研究所 | 組織:生体分子シミュレーションG

量子生命科学研究

関西光科学研究所 | 組織:生体分子シミュレーションG

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

量子生命科学領域

リーダー 河野 秀俊

研究の概要

生体分子シミュレーショングループでは、計算機シミュレーションと生化学実験を通して、タンパク質、核酸及びそれらの複合体分子の機能発現メカニズムの解明研究を行っています。これらの分子が働く様子を調べるために、原子レベル(0.1nm=100億分の1m) から粗視化レベル(10 nm)のマルチスケールシミュレーションをスーパーコンピュータで実施しています。また、シミュレーション計算にもとづいて、新たな機能や従来の機能を改変・向上させたタンパク質分子の創製も試みています。これらの研究を通して、生命現象の仕組みを分子論的に理解することを目指しています。

メンバー

河野 秀俊 リーダー
石田 恒 上席研究員
松本 淳 主幹研究員
角南 智子 主幹研究員
櫻庭 俊 主任研究員
Li Zhenhai 主任研究員
山口 美幸 業務補助員
山中 未来 業務補助員

主な研究成果

Group homepage:生体分子シミュレショングループ

主な業績(論文、受賞、プレス発表等)

  1. H3 histone tail conformation within the nucleosome and the impact of K14 acetylation studied using enhanced sampling simulation, J. Ikebe, S. Sakuraba and H. Kono, PLoS Computational Biology 12, e1004788 (2016).
  2. Two Arginine Residues Suppress the Flexibility of Nucleosomal DNA in the Canonical Nucleosome Core, H. Kono, K. Shirayama, Y. Arimura, H. Tachiwana and H. Kurumizaka, H.,H. Ishida, PLoS ONE 10:e0120635 (2015).
  3. Adaptive lambda square dynamics simulation: an efficient conformational sampling method for biomolecules, J. Ikebe, S. Sakuraba and H. Kono, Journal of Computational Chemistry 35, 39-50 (2014).
  4. Giant cadherins Fat and Dachsous self-bend to organize properly spaced intercellular junctions, Y. Tsukasaki, N. Miyazaki, A. Matsumoto, S. Nagae, S. Yonemura, T. Tanoue, K. Iwasaki and M. Takeichi, Proc Natl Acad Sci U S A 111, 16011-6 (2014).
  5. Essential function of the N-termini tails of the proteasome for the gating mechanism revealed by molecular dynamics simulations, H. Ishida, Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics 82, 1985-1999 (2014).
  6. Free-energy landscape of reverse tRNA translocation through ribosome analyzed by electron microscopy density maps molecular dynamics simulations, H. Ishida and A. Matsumoto, PLoS ONE, 9, 3101951,(2014).
  7. Local Dynamics Coupled to Hydration Water Determines DNA-sequence Dependent Deformability, H. Nakagawa, Y. Yonetani, K. Nakajima, S. Ohira-kawamura, T. Kikuchi, Y. Inamura, M. Kataoka and H. Kono, Physical Reviews E. 90, 022723-11 (2014).
  8. Intensity of diffracted X-rays from biomolecules with radiation damage caused by strong X-ray pulses, T. Kai, A. Tokuhisa, K. Moribayashi, Y. Fukuda, H. Kono and N. Go, Journal of the Physical Society of Japan 83, 094301 (2014).
  9. Local Conformational Changes in the DNA Interfaces of Proteins, T. Sunami and H. Kono, PLoS ONE (Internet) 8, e56080 (2013).
  10. Phase retrieval from single biomolecule diffraction pattern, S. Ikeda and H. Kono, Optics Express 20, 3375-3387 (2012).

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?
量子生命科学研究