現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | プレス発表:光子と光子の相互作用の検証方法を提案 ―量子電磁力学が20世紀に予測した現象の理解が期待される―

最新の話題

関西光科学研究所 | プレス発表:光子と光子の相互作用の検証方法を提案 ―量子電磁力学が20世紀に予測した現象の理解が期待される―

掲載日:2017年5月15日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> プレス発表 >> 光子と光子の相互作用の検証方法を提案 ―量子電磁力学が20世紀に予測した現象の理解が期待される―

 

プレス発表

平成29年5月15日
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所
量子ビーム科学研究部門 高崎量子応用研究所

【発表のポイント】

  • 20世紀に予言され現在も未解明の問題である、光子と光子の合体や散乱などの相互作用の一つである、デルブリュック散乱を選択的に計測できる条件を理論計算で求め、新しい実験方法を提案した。
  • 世界で建設中の高輝度レーザーコンプトン散乱ガンマ線によって検証が期待される。

【概要】

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野 俊夫)関西光科学研究所のジェームズ・コーガ上席研究員と高崎量子応用研究所東海量子ビーム応用研究センターの早川 岳人上席研究員は、20世紀から続く物理学の問題の一つである光子と光子の相互作用を検証する方法を理論計算によって見つけ出し、新しい実験手法を提案した。

詳細は下記をご参照ください。(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構のサイトへリンク)
光子と光子の相互作用の検証方法を提案

 

[前の記事]
1つの金属原子に9つもの水素が結合した新たな物質の誕生
[次の記事]
レーザー生成プラズマ光源の光強度増大現象を発見 ―生物細胞を観察する超解像顕微鏡の実現や次世代半導体露光機の低コスト化へ―

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?