現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | プレス発表:採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦 ―QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生―

最新の話題

関西光科学研究所 | プレス発表:採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦 ―QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生―

掲載日:2017年8月18日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> プレス発表 >> 採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦 ―QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生―

 

プレス発表

平成29年8月18日
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所

【発表のポイント】

  • 最先端レーザーをコア技術としたQSTのベンチャー:ライトタッチテクノロジー株式会社を設立し、QSTでの研究成果の社会還元を目指す。
  • 病院から一般家庭まで広く普及できる小型の非侵襲血糖値センサーを事業展開することで、糖尿病患者の身体的及び精神的負担を軽減し、QOLの向上を図る。

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長:平野 俊夫 以下「量研/QST」)は、量子ビーム科学研究部門関西光科学研究所量子生命科学研究部レーザー医療応用研究グループの山川 考一グループリーダーらが開発した高輝度中赤外レーザー(波長:6μm〜9μm)を用いた、採血なしで血糖値を測定する技術(非侵襲血糖測定技術)の実用化を目指すライトタッチテクノロジー株式会社(代表取締役社長兼任:山川 考一)を、平成29年7月5日にQSTベンチャー第1号として認定しました。量研/QSTの認定を受け、ライトタッチテクノロジー株式会社は7月10日に正式に設立されました。同社の設立は、山川 考一グループリーダーらの技術の事業化を目指した文部科学省の大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)の成果の活用でもあり、今後同社は、QSTが得意とする最先端レーザーをコア技術とした非侵襲血糖値センサーを事業展開し、QSTでの研究成果の社会還元を目指します。

詳細は下記をご参照ください。(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構のサイトへリンク)
採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生-

関連情報

用語説明

  • 大学発新産業創出拠点プロジェクト(START:Program for Creating Start-ups from Advanced Research and Technology):日本の大学などの基礎研究成果に関し、大学等発ベンチャーなどを通じた新規マーケットへの事業展開が十分に行われていない現状を踏まえて、平成24年度に文部科学省により創設され、平成27年度より「大学発新産業創出プログラム」として科学技術振興機構が実施している制度です。本制度では、事業化ノウハウを持った人材(事業プロモーター)ユニットを活用して、大学などのポテンシャルの高いシーズの事業化を通じて新産業の創出、新規マーケットの開拓を目指します。大学等発ベンチャーの起業前段階から公的資金と民間の事業化ノウハウを組み合わせることにより、事業戦略・知財戦略を構築しつつ、既存企業にはリスクの負えないポテンシャルの高いシーズの事業化への挑戦を支援しています。

 

[前の記事]
レーザー生成プラズマ光源の光強度増大現象を発見 ―生物細胞を観察する超解像顕微鏡の実現や次世代半導体露光機の低コスト化へ―
[次の記事]
蛍光X線100年目の真実 ―発見!磁石の向きでX線が変化する―

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?