現在地
Home > 量子医学・医療部門 > HIMAC共同利用研究で得られた成果の一部をまとめた「HIMACレポート」の一覧です

量子医学・医療部門

HIMAC共同利用研究で得られた成果の一部をまとめた「HIMACレポート」の一覧です

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

HIMACレポート一覧

HIMAC共同利用研究で得られた種々の成果の一部は、「HIMACレポート」としても刊行されています。これまでに刊行されたHIMACレポートのリストが以下に掲載されております。コピーをご希望の方はレポートの番号と送付先を、以下のアドレスまでご連絡下さい。
E-mail:himac_riyou=qst.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)

HIMAC-001~050

HIMAC-001(NIRS-M-89) Y. Hirao, H. Ogawa, S. Yamada, Y. Sato, T. Yamada, T. Murakami, A. Kitagawa, K. Sato, A. Itano, M. Kumada, E. Takada, M. Kanazawa, K. Noda, M. Sudou, K. Kawachi, F. Soga, M. Endo, T. Kanai, S. Minohara, H. Koyama-Ito and T. Kohno:Heavy Ion Medical Accelerator in Chiba -A Design Summary and Update-, December, 1992.
HIMAC-002(NIRS-M-87) L. Sihver and T. Kanai:Energy Loss, Range and Fluence Distributions, Total Reaction and Projectile Fragmentation Cross Sections in Proton- Nucleus and Nucleus-Nucleus Interactions, July, 1992.
HIMAC-003(NIRS-M-90) Edited by K. Ando, T. Kanai:Proceedings of the Second Workshop on Physical and Biological Research with Heavy Ions, August 31, 1992.
HIMAC-004(NIRS-M-91) T. Kanai, S. Minohara, T. Kohno, M. Sudou, E. Takada, F. Soga, K. Kawachi, A. Fukumura and F. Yatagai:Irradiation of 135 MeV/u carbon and neon beams for studies of radiation biology, March, 1993.
HIMAC-005(NIRS-M-96) S. Fu, A. Kitagawa, S. Yamada:Simulation Study on Ion Extraction from ECR Ion Sources, July, 1993.
HIMAC-006(NIRS-M-99) Edited by K. Ando, T. Kanai:Proceedings of the Third Workshop on Physical and Biological Research with Heavy Ions, September 2-3, 1993.
HIMAC-007(NIRS-M-101) Edited by Y. Katsumura, T. Murakami, Y. Yoshida:Proceedings of the Yayoi Symposium on Ion-Beam Radiation Chemistry, 弥生研究会、原子力における放射線効果(2)-イオンビーム放射線化学の新展開-January 21, 1994.
HIMAC-008(NIRS-M-103) Edited by T. Kanai, E. Takada:Proceedings of NIRS International Seminar on the Application of Heavy Ion Accelerator to Radiation Therapy of Cancer in connection with XXI PTCOG Meeting, November 14-16, 1994.
(NIRS-M-108) 平成6年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、1995年5月.
HIMAC-009(NIRS-M-109) 編集-山田 聰、高田栄一、河野俊之、野田耕司:重粒子線がん治療装置 建設総合報告書、1995年5月.
HIMAC-010(NIRS-M-110) Edited by S. Yamada, M. Torikoshi:Papers Contributed to the 10th Symposium on Accelerator Science and Technology, Hitachi-Naka, October 25-27, 1995.
HIMAC-011(NIRS-M-111) M. Kumada:Analysis of the Ripple Current in the HIMAC Synchrotron, January, 1996.
HIMAC-012(NIRS-M-112) M. Kumada, K. Sato, S. Matsumoto, K. Noda and E. Takada:Synchrotron Power Supply of Sub-ppm Ripple Current, January, 1996.
HIMAC-013(NIRS-M-116) 平成7年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、1996年6月.
HIMAC-014(NIRS-M-116) 平成8年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、1997年4月.
HIMAC-015(NIRS-M-121) 編集-野田耕司、山田 聰:平成8年度、粒子線がん治療加速器に関する共同研究報告書、1997年6月.
HIMAC-016 Papers Contributed to the 11th Symposium on Accelerator Science and Technology, Hyogo, October 21-23, 1997.
HIMAC-017 編集-勝村庸介、小川雅生、服部俊幸、野田耕司、山田 聰、村上 健:HIMAC小型リングワークショップ報告書-弥生研究会:「放射線効果の解明と応用」第一回-、1997年9月.
HIMAC-018(NIRS-M-122) N. Kanematsu, T. Akagi, Y. Futami, A. Higashi, T. Kanai, N. Matsufuji, H. Tomura and H. Yamashita:A Proton Dose Calculation Code for Treatment Planning Based on the Pencil Beam Algorithm, ペンシルビーム法陽子線量計算コードKDOSEマニュアル、(Submitted to Physics in Medicine and Biology.), 1997年11月.
HIMAC-019(NIRS-M-123) H. Tomura, T. Kanai, A. Higashi, Y. Futami, N. Matsufuji, M. Endo, F. Soga and K. Kawachi:Analysis of the Penumbra for Uniform Irradiation Fields Delivered by a Wobbler Method (Submitted to Japanese Journal of Medical Physics)、 外村浩美、金井達明: Wobbler法と二重リング二重散乱体法(放射線医学物理に投稿中)、外村浩美、金井達明:線量計算プログラムBTISマニュアル(放射線医学物理に投稿中)、1997年11月.
HIMAC-020(NIRS-M-125) 平成9年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、1998年4月.
HIMAC-021(NIRS-M-129) N. Matsufuji, H. Tomura, Y. Futami, H. Yamashita, A. Higashi, S. Minohara, M. Endo and T. Kanai:Relationship between CT number and Electron Density, Scatter Angle and Nuclear Reaction for Hadrontherapy Treatment Planning, October 1998.
HIMAC-022(NIRS-M-128) 編集-野田耕司、山田 聰:1997年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同利用研究報告書、1998年7月.
HIMAC-023(NIRS-M-133) 平成10年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、1999年4月.
HIMAC-024(NIRS-M-135) 編集-野田耕司:1998年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、1999年12月.
HIMAC-025(NIRS-M-137) 松藤成弘、金井達明、河野俊之、福村明史、駒見英明、清田貴茂:治療用高エネルギー重粒子線の線量に関する研究、2000年3月.
HIMAC-026(NIRS-M-139) 平成11年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2000年4月.
HIMAC-027 編集-野田耕司:1999年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2000年7月.
HIMAC-028 Michael Beutelspacher:Longitudinal cooling force measurement with stochastic heating, November, 2000.
HIMAC-029 滝 慶行:非共鳴多光子イオン化法による微量気体分子の個数計測、2001年4月.
HIMAC-030 E. Syresin and K. Noda:To formation of homogenous magnetic field in HIMAC cooler solenoid, March 2001.
HIMAC-031 E. Syresin and K. Noda:Simulation of electron cooling and intrabeam scattering in HIMAC, March 2001.
HIMAC-032 E. Syresin and K. Noda:Simulation of current loss and secondary electrons in HIMAC cooler, March 2001.
HIMAC-033 E. Syresin and K. Noda:Neutralized electron beam in HIMAC and NIRS S-ring coolers, March 2001.
HIMAC-034 E. Syresin and K. Noda:An electron gun for NIRS S-ring cooler, March 2001.
HIMAC-035 E. Syresin and K. Noda:An electron collector for NIRS S-ring cooler, March 2001.
HIMAC-036 E. Syresin, T. Hattori and K. Noda:Cooling and storage of cluster ions in NIRS S-ring, March 2001.
HIMAC-037 加藤 剛、村上 健:HIMAC入射器用非破壊型モニターの開発- 強度モニターと速度モニター -、2001年4月.
HIMAC-038 Tomonori Uesugi and Koji Noda:Space-charge effects in the low-energy beam-transport line of the HIMAC synchrotron, April 2001.
HIMAC-039(NIRS-M-147) 平成12年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2001年4月.
HIMAC-040 古川卓司:電子ビーム冷却におけるビーム・アライメントの研究、2001年5月.
HIMAC-041 川内秀貴:水蒸気ビーム生成と密度分布測定及び評価-重イオン衝突による水蒸気からの放出2次電子線研究用ターゲット開発-、2001年9月.
HIMAC-042 編集-岩田佳之、福村明史、村上 健:HIMACにおける核反応断面積の測定と検出器の研究“Reaction cross sections and detectors applied to the HIMAC beams”、2001年9月6日-7日
HIMAC-043 編集-野田耕司:2000年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2001年12月.
HIMAC-044 K. Noda:Papers Contributed to the International and Domestic Conferences including Symposiums during the fiscal year 2001 by the members of the Department of Accelerator Physics and Engineering, December 2001.
HIMAC-045 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:Simulations of Electron Cooling, Intrabeam Scattering and Ion Beam Interactions with Residual Gas Atoms in the Kek Low-Energy Electrostatic Stroge Ring, January 2002.
HIMAC-046 E. Syresin, K. Noda:Simulation of Electron Cooling, Intrabeam Scattering and Electron Heating in NIRS S-Ring, January 2002.
HIMAC-047 E. Syresin, K. Noda:Design and Simulations of NIRS S-Ring Cooler, January 2002.
HIMAC-048 T. Furukawa and K. Noda:Fast Beam Cut-Off Method in RF-knockout Extraction for Spot-Scanning, April 2002.
HIMAC-049(NIRS-M-159) 平成13年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2002年4月.
HIMAC-050 E. Syresin, K. Noda, S. Shibuya:Simulation of transverse electron cooling in HIMAC, June 2002.

HIMAC-051~100

HIMAC-051 E. Syresin, I. Selesnev, K. Noda, S. Shibuya, T. Tachikawa:An electron gun with cathode diameter of 19mm for NIRS S-ring cooler, June 2002.
HIMAC-052 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:A proposal of an electron cooler/target for the bio-molecular ions in an ultra-low energy electrostatic ring, June 2002.
HIMAC-053 T. Honma, D. Ohsawa, K. Noda, T. Iwashima, H. Y. Ogawa, Y. Sano, E. Takada and S. Yamada:Design and Performance of A Non-Destructive Beam- Profile Monitor Utilizing Charged-Division Method at HIMAC, May 2002.
HIMAC-054 K. Noda, T. Furukawa, S. Shibuya, M. Muramatsu, T. Uesugi, M. Kanazawa, M. Torikoshi, E. Takada and S. Yamada:Source of spill ripple in the RF-KO slow-extraction method with FM and AM, July 2002.
HIMAC-055 K. Noda, T. Furukawa, S. Shibuya, T. Uesugi, M. Muramatsu, M. Kanazawa, E. Takada and S. Yamada:Advanced RF-KO slow-extraction method for the reduction of spill ripple, July 2002.
HIMAC-056 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:Gun operation in the electron target/cooler of the KEK electrostatic ring, October 2002.
HIMAC-057 E. Syresin, A. Smirnov, K. Noda, T. Tanabe:Compensation of the transverse magnetic field in a modified solenoid of the KEK electron target/cooler, October 2002.
HIMAC-058 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:A proposal of a Penning trap for the KEK electron target/cooler applied for bio-molecular ions, October 2002.
HIMAC-059 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:Electron cooling of the ion beams with a wide momentum spread in the TSR and HIMAC -Betacool simulations and experimental results-, October 2002.
HIMAC-060 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:Electron cooling and Related Problems in the Laser Equipped Cooler Ring Project, October 2002.
HIMAC-061 Takeshi Murakami:Simple Model for Calculating the Charge-State Distributions of Heavy Ions, November 2002.
HIMAC-062 編集-村松正幸、野田耕司、山田 聰:2001年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2002年12月.
HIMAC-063 編集-渋谷真二、野田耕司:小型リング研究会報告書、2002年12月.
HIMAC-064 E. Syresin, K. Noda, H. Fadil, A. Noda, T. Shirai:LSR Electron Cooler, March 2003.
HIMAC-065 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:Electron energy behaviour in the KEK electrostatic ring target/cooler, March 2003.
HIMAC-066 E. Syresin, K. Noda,:Equilibrium transverse size of argon cooled ion beam in HIMAC, March 2003.
HIMAC-067 T. Furukawa, K. Noda, E. Urakabe, M. Muramatsu, M. Kanazawa and K. Maeda:Characteristics of Fast Beam Switching for Spot Scanning, March 2003.
HIMAC-068 編集-古川卓司:シンクロトロンにおける遅い取り出しビームの高速遮断に関する研究、2003年4月.
HIMAC-069(NIRS-M-166) 平成14年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2003年4月.
HIMAC-070 T. Furukawa, K. Noda, M. Muramatsu, T. Uesugi, S. Shibuya, H. Kawai, E. Takada and S. Yamada:New Approach toward Optimized Resonant Slow-extraction, August 2003.
HIMAC-071 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, S. Shibuya:Transverse ion beam instability in HIMAC synchrotron, November 2003.
HIMAC-072 E. Syresin, K. Noda, T. Tanabe:An interaction of stored ions with electron target in the KEK electrostatic ring, November 2003.
HIMAC-073 E. Syresin, A. Sidorin, K. Noda, A. Noda, T. Shirai, H. Fadil:Stability of LSR ion beam at cooling stacking injection, November 2003.
HIMAC-074 T. Furukawa, K. Noda, M. Muramatsu, T. Uesugi, S. Shibuya, H. Kawai, E. Takada and S. Yamada:Global Spill Control in RF-knockout Slow-Extraction, December 2003.
HIMAC-075 Valery Kapin, Satoru Yamada, Yoshiyuki Iwata:Design of APhF-IH Linac for a Compact Medical Accelerator, December 2003.
HIMAC-076 K. Noda, T. Miyoshi, T. Murakami, Y. Sato, V. P. Shevelko and I. Yu. Tolstikhina:Penetration of Fast Highly Charged Ions through Carbon Foils, December 2003.
HIMAC-077 編集-村松正幸、野田耕司、山田 聰:2002年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2003年12月.
HIMAC-078 Y. Uchihori and E. Benton:Results from the first two InterComparison of dosimetric instruments for Cosmic radiation with Heavy Ions Beams at NIRS (ICCHIBAN-1&2) Experiments, February 2004.
HIMAC-079 Y. Iwata, S. Yamada and V. Kapin:Beam dynamics of alternating-phase-focused linac, February 2004.
HIMAC-080 水野秀之、金井達明、富谷武浩、金沢光隆、北川敦志、J. Pawelke、井関 康、浦壁恵理子、須田 充、河野明広、入谷理一郎、安藤興一、中村 讓、石井慶造:ポジトロンカメラを用いたRIビーム照射における生体内RI洗い出し効果に関する研究、2004年.
HIMAC-081 浅倉裕史、遠藤真広、金井達明、兼松伸幸、:積層法対応機能の組み込まれた治療計画システムの運用評価と従来法との線量分布比較、2004年4月.
HIMAC-082 兼松伸幸、遠藤真広、金井達明、遊佐 顕、浅倉裕史:積層原体照射治療のための治療計画、2004年4月.
HIMAC-083(NIRS-M-173) 平成15年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2004年5月.
HIMAC-084 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, S. Shibuya:Cooling stacking injection and damping of transverse ion beam instability in HIMAC, May 2004.
HIMAC-085 E. D. Donets, E. E. Donets, E. M. Syresin, K. Noda, A. Kitagawa:Possibilities of a heavy ion injection in the HIMAC based on the electron string ion source, May 2004.
HIMAC-086 E. Syresin, A. Smirnov, A. Noda, K. Noda,T. Shirai, H. Fadil:S-LSR low ion energy mode, May 2004.
HIMAC-087 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, I. Meshkov, S. Shibuya:Ion lifetime at cooling stacking injection in HIMAC, May 2004.
HIMAC-088 編集-上杉智教、第2回小型リング研究会報告書、2004年4月.
HIMAC-089 藤澤高志、橋本義徳、内山宙志、上杉智教:SBPM取り扱い説明書(第2版)、2004年7月.
HIMAC-090 V. Kapin Y. Iwata, S. Yamada and:Effects of Field Distortions in IH-APF Linac for a Compact Medical Accelerator, July 2004.
HIMAC-091 中村尚司:高エネルギー重イオン加速器の遮蔽設計に関する基礎研究、2004年8月.
HIMAC-092 三須敏幸、岩田佳之、宮原信幸、北條 悟、杉浦彰則、金澤光隆、村上 健、山田 聰:炭素線治療用小型ラジアル・セクター型FFAGの開発研究、2004年7月.
HIMAC-093(NIRS-M-177) HIMAC10年の歩み-HIMAC10周年記念 研究成果要覧-、2004年7月
HIMAC-094 Takuji Furukawa and Koji Noda:Experimental Study on Beam Control by RF-knockout Slow-Extraction for Medical Synchrotron, October 2004.
HIMAC-095 E. Syresin, K. Noda, T. Furukawa, T. Uesugi, T. Naruse:High intensity carbon ion beam at HIMAC multi turn injection, November 2004.
HIMAC-096 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, S. Shibuya:Cooling-stacking injection and transverse instability of carbon beam at HIMAC synchrotron, November 2004.
HIMAC-097 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, S. Shibuya:Colling-stacking experiments with argon beam at HIMAC synchrotron, November 2004.
HIMAC-098 E. Syresin, T. Tanabe, K. Noda:Collisions of DNA anions with electrons in KEK electrostatic ring, November 2004.
HIMAC-099 Lembit Sihver, Naruhiro Matsufuji and Tatsuaki Kanai:Calculation of Depth-Dose, Fluence, Energy, Dose and Track Average LET Distributions of Therapeutic Heavy Ion Beams by Hibrac, December 2004.
HIMAC-100 欠.

HIMAC-101~150

HIMAC-101 V.P. Shevelko, H. Tawara, O.V. Ivanov, T. Miyoshi, K. Noda, Y. Sato, A.V. Subbotin, and I.Yu. Tolstikhina:Target Density Effects in Collisions of Fast Ions with Solid Targets, December 2004.
HIMAC-102 T. Uesugi, K. Noda, E. Syresin, I.Meshkov, S. Shibuya:Cool-stacking injection and damping of transverse ion-beam instability at the HIMAC synchrotron, To be published in Nucl. Instrum. Methods Res. A, January 2005.
HIMAC-103 金井達明、兼松伸幸、AEC照射系G:積層原体照射による線量分布の形成、2005年3月.
HIMAC-104 HIMAC照射系グループ:HIMAC炭素線眼治療に関する物理技術的な総合報告書-(1)物理・生物学的基礎 (2)治療計画 (3)線量分布の確認・検証 (4)照射ノズルと患者位置決め-2006年3月.
HIMAC-105 編集-村松正幸:2003年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2004年2月.
HIMAC-106(NIRS-M-180) 平成16年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2005年5月.
HIMAC-107 丹 大輔、上杉智教、渋谷眞二、野田耕司:HIMACシンクロトロンにおけるショートバンチビームの生成に関する研究、2005年11月.
HIMAC-108 岩田佳之、藤本哲也、宮原信幸、小川弘幸、藤澤高志、村上 健、山田 聰:IH型モデル共振器の電場測定、2005年11月.
HIMAC-109 編集-村松正幸、野田耕司:2004年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2005年12月.
HIMAC-110 T. Miyoshi, K. Noda, Y. Sato, H. Tawara, I.Yu. Tolstikhina, and V.P. Shevelko:Evaluation of Excited nl-state Distributions of Exit Ions after 4-20 MeV/u Projectile Ions Penetrating Carbon Foils, December 2005.
HIMAC-111 H. Fadil, S. Fujimoto, T. Fujimoto, S. Iwata, A. Noda, K. Noda, I. Seleznev, S. Shibuya, T. Shirai, H. Souda, E. Syresin:Electron Beam Cooling Experiments at S-LSR, January 2006.
HIMAC-112 E. Syresin, K. Noda, T. Uesugi, S. Shibuya:Experimental and numerical study of cooling-stacking injection on the HIMAC synchrotron, January 2006.
HIMAC-113 M. Okamura, H. Kashiwagi, T. Fujimoto, K. Yamamoto, T Hattori:High current carbon beam production with DPIS, January 2006.
HIMAC-114 古川卓司、取越正巳、佐藤眞二、野田耕司、金井達明、高田栄一、山田 聰、勝間田匡、白石直浩、霜重拓也:HIMAC運転改善に関する検討報告書-粒子線がん治療のさらなる効率化に向けて-2006年5月.
HIMAC-115(NIRS-M-192) 平成17年度、放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2006年5月.
HIMAC-116 藤澤高志、上垣外修一:導体及び導体薄膜の高周波損失について、2006年7月.
HIMAC-117 上杉健弘、古川卓司、野田耕司:HIMACシンクロトロンにおける入射ビーム特性とビームロスに関する研究、2006年9月.
HIMAC-118 稲庭 拓、河野俊之、富谷武弘、金井達明、金澤光隆、佐藤眞二:粒子線治療時に生じる陽電子崩壊核を利用した照射野確認法の研究、2006年9月.
HIMAC-119 AEC実験G、村上 健、古川卓司:リTージュ図形による拡大照射野の形成、2006年9月.
HIMAC-120 編集-柴田裕実:「イオンビーム誘起放射線化学」研究会、2006年12月.
HIMAC-121 Y. Iwata, S. Yamada, T. Murakami, T. Fujimoto, K. Yamamoto, N. Miyahara, H. Ogawa, T. Fujisawa, S. Hojo, Y. Sakamoto, T. Takeuchi, M. Muramatsu, T. Mitsumoto, H. Tsutsui, T. Watanabe, and T. Ueda:Performance of a compact injector for medical accelerators, August 2006.
HIMAC-122 武井由佳:粒子線治療装置のコンセプト
HIMAC-123 編集-村松正幸、野田耕司:2005年度、粒子線がん治療用加速器に関する共同研究報告書、2007年1月.
HIMAC-124 古川卓司、稲庭 拓、佐藤眞二、富谷武弘、岩田佳之、武井由佳、蓑原伸一、野田耕司、金井達明:3次元スキャニング照射装置の設計検討、2007年4月.
HIMAC-125(NIRS-M-203) 平成18年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2007年6月.
HIMAC-126 A. Smirnov, I. Meshkov, A. Sidorin, A. Noda, T. Shirai, H.Souda, H. Tongu, K.Noda, M. Grieser:Investigation of ordered proton beams at S-LSR, October 2007.
HIMAC-127 岩田佳之、野田耕司、板野明史:三次元磁場計算コードの精度評価、2008年1月.
HIMAC-128 Y. Uchihori and E. R. Benton:Results from the ICCHIBAN-3 and ICCHIBAB-4 Experiments to Intercompare the Response of Space Radiation Dosimeters, March 2008.
HIMAC-129
(NIRS-M-214)
平成19年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2008年6月.
HIMAC-130 藤澤高志、高田栄一、安田仲宏、野田耕司、川嶋 元、小林育夫、奥野功一:CCDカメラの放射線遮へいとHIMAC室(B2)内の放射線分布、2008年9月.
HIMAC-131 渡辺広太、金澤光隆、藤本哲也:HIMACシンクロトロンの新RF cavityによるT-clockのみを用いた加速について、2009年2月.
HIMAC-132(NIRS-M-226) 平成20年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2009年6月.
HIMAC-133 編集-柴田裕実、山下真一、村上 健:高LET放射線研究会 ~物理・化学・生物の基礎研究から医学応用まで~、2009年7月.
HIMAC-134 平成21年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2010年6月.
HIMAC-135 Takashi Nakamura, Hiroshi Yasuda, Masashi Takada, Kazuaki Yajima, Tatsuhiko Sato, Toru Fujishima:Dosimetry and Spectrometry of Cosmic-ray Neutrons in Aircraft (DOSCONA Experiment), 2010年9月.
HIMAC-136(NIRS-M-244) 平成22年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2011年11月.
HIMAC-137 Kota Mizushima, Takuji Furukawa, Toshiyuki Shirai, Yoshiyuki Iwata:Beam Extraction Control for Fast 3D Scanning Irradiation in Medical Synchrotron, April 2012.
HIMAC-138(NIRS-M-251) 平成23年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2012年8月.
HIMAC-139 平成24年度 国内・国際会議アブストラクト・プロシーディング集、 2013年3月.
HIMAC-140(NIRS-M-260) 平成24年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2013年8月.
HIMAC-141(NIRS-M-273) 平成25年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2014年10月.
HIMAC-142
ISBN978-4-938987-95-4
(NIRS-M-277)
HIMAC20年の歩み-HIMAC20周年記念 研究成果要覧-、2015年8月
HIMAC-142
ISBN978-4-938987-96-1(PDF版)
(NIRS-M-277)
HIMAC20年の歩み-HIMAC20周年記念 研究成果要覧-、2015年8月
HIMAC-143(NIRS-M-285) 平成26年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2015年12月.
HIMAC-144(NIRS-M-289) 平成27年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2016年9月.
HIMAC-145(QST-R-6) 平成28年度放射線医学総合研究所 重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書、2017年9月.

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?