現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 高度被ばく医療センター 放射線緊急事態対応部(REMAT)

量子医学・医療部門

高度被ばく医療センター 放射線緊急事態対応部(REMAT)

掲載日:2019年4月23日更新
印刷用ページを表示

放射線緊急事態対応部(REMAT)とは

放射線緊急事態対応部(REMAT)は、原子力災害等における国内外への現地派遣等に関する活動及び教育訓練を業務内容としています。

<組織構成>
​・被ばく医療グループ
・線量評価グループ
・放射線防護グループ
・モニタリンググループ

放射線緊急事態対応部(REMAT)の業務内容

放射線緊急事態対応部(REMAT)の役割

これまでQSTは、放射線被ばくを伴う事故や放射性物質による汚染事故などに備え、発災現場に赴き初期医療を支援する緊急被ばく医療支援チームを配備し、国内外の緊急時への対応体制を整備してきました。

被ばく医療では、放射性物質の特定や被ばく線量評価などの情報をもとに治療が行われるため、 被ばく医療の専門医師、線量評価や放射線防護の専門家が緊密に連携して活動する必要があります。 そのため支援チームは、被ばく医療、線量評価、放射線防護といった各分野の専門知識・技術・経験を有する職員で構成され、国内外の放射線被ばく事故、放射性物質による汚染事故などに対応します。

放射線緊急事態対応部REMAT (Department of Radiation Emergency MAnagemenT)は、この対応体制の強化・発展を目指して設置された部署であり、緊急時においては支援チームの派遣調整や現地での活動支援といった後方支援を担当し、平時より緊急時の活動に必要な医薬品、医療機器、医療資材、放射線計測機器、防護資機材などの専門装備を維持・管理しています。

災害現場への人員派遣体制

QSTは、国内・外の放射線事故に24時間365日、いつでも対応します。国内については、国や地方公共団体などからの要請によって、また、海外については、国際機関や外国政府等からの要請によって、派遣が決定されます。この機動性、即応性が、放射線緊急事態対応部(REMAT)をはじめとするQSTの対応体制の特徴です。

災害現場への人員の派遣(派遣チームの出動)が決定されたときには、これを後方で支援するチームが機構内に組織され、活動を開始します。このチームは、派遣チームとの情報通信等によって、現地で得られたデータから核種分析や線量評価などの科学的な分析等を行います。また、ロジスティクスの面からも派遣チームを支援します。

remat1remat2

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?