現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 高度被ばく医療センター 被ばく医療部

量子医学・医療部門

高度被ばく医療センター 被ばく医療部

掲載日:2019年4月23日更新
印刷用ページを表示

被ばく医療部とは

被ばく医療部は、放射線被ばく事故や原子力災害の万が一の発生に備え、被ばく医療体制整備、教育研修、調査、事故対応などを含めた、緊急被ばく医療に係わる活動全般を業務内容としています。

<組織構成>
・診療グループ
・被ばく医療研修課

被ばく医療部の業務内容

診療グループ

診療グループは、原子力災害等の緊急時においてQST病院や放射線管理・防護関連の部署などと協力し、受け入れ診療を行います。
被ばく患者の受け入れ・診療には、通常の医療にない放射線管理が必要になることがあり、診療グループは緊急時におけるQSTの医療対応の中心として機能することとなります。

また、平時においては、行政機関、医療機関、その他放射線を扱う事業所等からの被ばく医療に関する相談・問い合わせにも対応しており、放射線の安全利用、国民の安全・安心の一助となる活動にも取り組んでいます。

 

rad_med1rad_med3

 

被ばく医療研修課

被ばく医療研修課は、被ばく医療や放射線防護の知識を有する人材の育成を目的に、全国の被ばく医療関係の病院や行政機関等の所属員を対象とする幅広い内容の研修を開催しています。
QSTは、我が国唯一の放射線の総合研究機関である放射線医学総合研究所の機能を承継しており、高度な知識・経験を有する専門家が多数所属しています。これらの専門家が研修の講師となり、被ばく医療等の正しい知識を有する医療関係者等を育成するべく、さまざまな研修を企画・開催しています。

さらに被ばく医療研修課では、他機関により開催された原子力災害医療関連研修の受講者情報も一元管理することで、被ばく医療に係わる人材情報の把握に向けた取り組みも進めています。

また、QSTは、さまざまな国から研修生を受入れ、被ばく医療・線量評価等に関する研修を開催するといった分野での国際貢献にも取り組んでいます。
国際原子力機関(IAEA)による、アジア地区における被ばく医療対応および線量評価分野の緊急時対応能力研修センター(CBC)の指定など、国際機関との協定に基づく研修も多数開催しており、被ばく医療研修課はこれらの業務にも対応しています。

 

rad_med2  rad_med3

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?