現在地
Home > 量子生命・医学部門 > 協力協定病院紹介

量子生命・医学部門

協力協定病院紹介

掲載日:2019年4月23日更新
印刷用ページを表示

QSTは、複数の病院との間で協力協定を結んでいます。これは、QSTだけでは治療が困難な、重篤な合併症を伴う放射線汚染・被ばく患者の症例にも対応できるよう、QSTへの医師の派遣や転院等の面で外部の医療機関にご協力いただくことを内容としており、QSTの対応体制の拡充を目的とするものです。
一方でQSTからは、協力協定を締結している病院での上記患者の診療に際し、線量評価や放射線防護などの分野で協力することが想定されています。

現在の協力協定病院は、以下のとおりです。

・日本医科大学
・杏林大学医学部付属病院
・国立病院機構 災害医療センター
・東京大学医学部附属病院
・東京大学医科学研究所附属病院
・東京医科歯科大学医学部附属病院