現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 基幹高度被ばく医療支援センターと原子力災害時における医療体制

量子医学・医療部門

基幹高度被ばく医療支援センターと原子力災害時における医療体制

掲載日:2019年4月23日更新
印刷用ページを表示

QSTは、平成31年4月1日より、原子力規制委員会から「基幹高度被ばく医療支援センター」に指定されました。

これまでQSTは、「高度被ばく医療支援センター」(QST、弘前大学、福島県立医科大学、広島大学、長崎大学)の一つとして、我が国の原子力災害医療体制における高度専門機関としての役割を担ってきました。

今後は、高度被ばく医療支援センターの中心的・先導的役割を担う基幹高度被ばく医療支援センターとして、被ばく医療を担う専門人材を育成する中核拠点となり、主に高度被ばく医療支援センターの医師や看護師、技術者などの専門家の育成にあたります。また、内部被ばくに関する線量評価等でも中心的な役割を担ってまいります。

 

center1

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?