現在地
Home > 量子生命・医学部門 > 放射線防護研究

量子生命・医学部門

放射線防護研究

掲載日:2020年3月16日更新
印刷用ページを表示

放射線防護の対象は(1)公衆、(2)職業上被ばくする原子力発電所や病院などの職員、(3)放射線治療や検査により被ばくする患者の3つ。

そのうち(1)については東京電力福島第一原子力発電所事故後の被ばくを定量化する研究を行っています。QSTでは、国連科学委員会(UNSCEAR)や国際放射線防護委員会(ICRP)に科学的データを提供しています。例えばこれまで微量すぎて計測不能だったプルトニウムを作物中から分離し測定する世界唯一の技術を開発。プルトニウムが作物に移動するのは、土中の濃度のわずか1万~10万分の1にすぎないことを明らかにしました。事故後の不安に対して科学的根拠に基づき応えるために、プルトニウム以外の放射性物質についても長期的に分析を続け、知見を蓄積していきます。

(2)については被ばくにより白内障のリスクが高まる水晶体の線量測定方法などの研究を進めています。(3)では、QSTが提唱した「医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)」が中心となって、放射線検査で用いる線量を最適化する活動を実施しています。QSTは放射線防護対策をオールジャパン体制で推進する際のまとめ役、情報のハブとして貢献しています。

インタビュー

 

インタビュイーの2名

安心して暮らせる将来のために、身の回りの放射線を科学する(放射線防護研究の概要)

古場裕介(放医研 放射線防護情報統合センター)

ビッグデータの収集と解析で日本の医療被ばくを適切な線量へ

近年の主なプレスリリース​​

上記を含む、量子医学・医療部門のプレスリリース

関連リンク