現在地
Home > 共用施設・設備(高崎地区) > 共用対象施設・設備 高崎研(オフライン設備)

共用施設・設備(高崎地区)

共用対象施設・設備 高崎研(オフライン設備)

掲載日:2019年9月24日更新
印刷用ページを表示

イオン照射研究施設(TIARA)オフライン募集対象の設備

(2020年4月から2021年3月まで)

No. 施設 設備・装置の種類 装置の概要・条件 担当者・連絡先 備考
1 オフライン
(陽電子)
低エネルギー陽電子ビーム装置 エネルギー0.1~30keVの連続陽電子ビームを発生させることができ、陽電子消滅ドップラー拡がり測定が可能です。これにより材料表面層や薄膜材料中の空孔型欠陥を検出できます。測定に際しては、10×10mm程度の試料面積が必要であり、また測定時間は、1検体当たり1日程度となります。 河裾 厚男
陽電子ナノ物性研究P
Tel:027-346-9333
 
2 オフライン
(陽電子)
陽電子消滅寿命測定装置 Na-22線源を同一とみなせる二枚の試料で挟み込むことで、陽電子寿命測定と陽電子消滅ドップラー拡がり測定が可能な装置です。これよりパルク材料中の空孔型欠陥を検出できます。測定に際しては、7×7mm~10×10mmの試料面積、0.5mm程度以上の試料の厚さが必要であり、測定時間は、1検体当たり数時間~1日程度必要となっています。 河裾 厚男
陽電子ナノ物性研究P
Tel:027-346-9333
 

※内容は一部変更になる場合がございます。

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?