現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > 研究課題 - プロジェクト先進触媒研究

高崎量子応用研究所

研究課題 - プロジェクト先進触媒研究

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 イオンビームや電子線、ガンマ線などの量子ビームは、物質中に高いエネルギーを付与し、その結果として非平衡下で化学反応や欠陥生成を誘起することができます。当プロジェクトでは、このように特異な量子ビーム照射効果を活用して新規のナノ触媒材料を創製するとともに、その応用性を探索しています。具体的には、以下の課題、すなわち金属・酸化物や炭素のナノクラスターにおける化学的・電子的構造、高分子ナノ構造(細線、細孔)のサイズ、機能を制御することで、燃料電池、革新的二次電池の性能を飛躍的に向上させる電極触媒を開発しています。

  1. 高速重イオンビームによる高分子ナノ構造の応用
    -超高アスペクト比の細孔と細線をつくる・つかう-
  2. 担体への欠陥導入による活性・耐久性制御
    -イオンビームで機能相界面をつくる・はかる-
  3. 放射線化学反応による局所的活性点の導入
    -新奇なカーボンアロイ触媒をつくる-
  4. 高分子系材料・機器の耐放射線性データベースの構築

 本研究の一部は、「量子ビームを利用した革新的燃料電池材料に関する研究」として、理化学研究所、物質・材料研究機構、日本原子力研究開発機構と共同で実施しています。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.