現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > プロジェクト生体適合性材料研究

高崎量子応用研究所

プロジェクト生体適合性材料研究

掲載日:2019年4月23日更新
印刷用ページを表示

トップページ | ニュース&トピックス | ​研究課題 | ​メンバー | ​研究発表 | ​連絡先 | ​外部リンク

            細胞培養用ディッシュ

私たちは、人に優しい機能性材料の創製研究を行っています。

 再生医療など健康長寿社会の実現に向けた世界最先端の医療材料の創製を最終目的に、量子ビームの微細加工技術を駆使することで、多糖類やタンパク質など生体親和性材料の改質・機能化技術の開発を目指しています。量子ビームは、毒性を有する重金属や化学薬品を用いずに材料の表面や内部構造、化学特性を変えることが出来ます。そこで、電子線やイオンビームなどの線質、エネルギー、ビームサイズ、及び線量率などを高度に制御することで量子ビームを利用した生体親和性材料の表面や内部構造、化学特性制御技術を開発しています。

 私たちは研究を楽しむとともに、量子ビームの技術革新により、再生医療、創薬、移植、美容など先端医療技術にイノベーションを起こすことを目指しています。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.