現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > トピックス - プロジェクト二次元物質スピントロニクス

高崎量子応用研究所

トピックス - プロジェクト二次元物質スピントロニクス

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

トピックスTOPICS

2016年03月07日 プレス発表

全反射高速陽電子回折法によりグラフェンと金属との界面構造の解明に成功」
― グラフェンを用いた新規材料開発に道 ―

2016年07月25日

QSTサマースクールが始まりました

2016年07月22日 プレス発表(QST,NIMS,筑波大 日刊工業新聞等掲載)

量子情報技術を担う新材料「グラフェン」のスピンを操る
― 次世代の高速・省エネルギー情報システムの実現に道筋 ―

2016年12月01日

QST未来ラボ・先端量子機能材料研究グループが発足しました。

2016年01月16日-17

QST播磨にて先端量子機能材料研究グループキックオフミーティングを開催しました。

SPring-8は豪雪に見舞われましたが、とてもにぎやかな会になりました。

トピックスTOPICSの画像1
トピックスTOPICSの画像2

2017年03月17日

境研究員がQST高崎研所長表彰を受けました。

トピックスTOPICSの画像3

2017年03月28日-31

世界初の超高真空放射光メスバウアー装置をSPring-8 QSTビームラインに設置しました。

三日間の突貫工事で奇跡的に完成しました。三井さんや筑波大の山田さん、渡邉君、それから、着任前の上野さん、皆さまお疲れ様でした。

トピックスTOPICSの画像4

2017年10月01日

量子ビーム科学研究部門 プロジェクト「二次元物質スピントロニクス研究」が発足しました。

2018年02月04日-08

境研究員がAdvanced Materials World Congress(Singapore)でIAAM Medalを受賞しました。

2018年03月16日 プレス発表(筑波大、QST、東北大、イデアインターナショナル、日本経済新聞等掲載)

リチウム内包フラーレンの電子の振る舞いを初めて解明
~次世代有機半導体材料としての応用に道を拓く~

2018年03月17日

李研究員が第65回応用物理学会春期講演会でポスター賞を受賞しました。

トピックスTOPICSの画像5

2018年04月04日 プレス発表(QST,NIMS,筑波大,慶應大,ロシア・科技大,韓国・慶北大)

磁性絶縁体を用いてグラフェンのスピンの向きを制御
- スピントランジスタの実現に向け前進
 -

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?