現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > プロジェクト「イオンビーム変異誘発研究」の業績一覧

高崎量子応用研究所

プロジェクト「イオンビーム変異誘発研究」の業績一覧

掲載日:2019年5月7日更新
印刷用ページを表示

業績一覧

2018 FY

原著論文

Hase, Y., Satoh, K., Kitamura, S., and Oono, Y. (2018). Physiological status of plant tissue affects the frequency and types of mutations induced by carbon-ion irradiation in Arabidopsis. Sci. Rep. 8: 1394.

Satoh, K., Arai, H., Sanzen, T., Kawaguchi, Y., Hayashi, H., Yokobori, S.S.-I., Yamagishi, A., Oono, Y., and Narumi, I. (2018). Draft genome sequence of the radioresistant bacterium Deinococcus aerius TR0125, isolated from the high atmosphere above Japan. Genome Announc. 6: e00080-18.

Yokota, Y. and Sakamoto, A.N. (2018). The moss Physcomitrella patens is hyperresistant to DNA double-strand breaks induced by γ-irradiation. Genes (Basel). 9: 76.

Sakamoto, A.N., Kaya, H., and Endo, M. (2018). Deletion of TLS polymerases promotes homologous recombination in Arabidopsis. Plant Signal. Behav. 13: e1483673.

Miyagi, A., Kitano, S., Oono, Y., Hase, Y., Narumi, I., Yamaguchi, M., Uchimiya, H., and Kawai-Yamada, M. (2018). Evaluation of metabolic changes in oxalate-rich plant Rumex obtusifolius L. caused by ion beam irradiation. Plant Physiol. Biochem. 122: 40–45.

Akita, Y., Kitamura, S., Mikami, R., and Ishizaka, H. (2018). Identification of functional flavonol synthase genes from fragrant wild cyclamen (Cyclamen purpurascens). J. Plant Biochem. Biotechnol. 27: 147–155.

 

総説・解説

長谷 純宏, “イオンビーム育種による実用新品種の開発” NLだより, 486, 2 (2018)

阿部 知子,  森田 竜平,  大野 豊,  長谷 純宏,  高城 啓一,  畑下 昌範, “ミュータゲノミクスと変異統合データベースの構築”, JATAFF ジャーナル, 7, 19 - 23 (2019).

渡部貴志,  佐藤 勝也,  林秀謙,  増渕隆,輸出用に適した群馬清酒酵母の育種に関する研究(第2報)”群馬県立産業技術センター研究報告(2017), 10 - 14 (2018)

品種登録

山口絵梨香,長谷 純宏,野澤 樹 “はまごろも4号” 品種登録 27292 (2019.2.14).

山口絵梨香,長谷 純宏,野澤 樹 “はまごろも5号” 品種登録 27293 (2019.2.14).

 

2017年 以前の 業績

原著論文

2017

Frequent generation of mutants with coincidental changes in multiple traits via ion-beam irradiation in soybean. Mikuriya S, Kasai M, Nakashima K, Natasia, Hase Y, Yamada T, Abe J, Kanazawa A. Genes & Genetic Systems, 92: 153-161, (2017)

An ion beam–induced Arabidopsis mutant with marked chromosomal rearrangement. Sakamoto A, Lan VTT, Fujimoto S, Matsunaga S, Tanaka A. Journal of Radiation Research, 58: 772-781, (2017)

イオンビーム照射による新規花弁型キク突然変異系統の作出.浅見逸夫,鈴木良地,長谷川徹,辻孝子,大野徹,長谷純宏,野澤樹.愛知県農業総合試験場研究報告,48:1-8,(2017).

SMALL ACIDIC PROTEIN 1 (SMAP1) and SCFTIR1 ubiquitin proteasome pathway act in concert to induce 2,4-dichlorophenoxyacetic acid-mediated alteration of actin in Arabidopsis roots. Takahashi M, Umetsu K, Oono Y, Higaki T, Blancaflor EB, Rahman A. Plant J., 89: 940-56, (2017)

Effects of ion beam irradiation on size of mutant sector and genetic damage in Arabidopsis. Hase Y, Nozawa S, Narumi I, Oono Y. Nucl. Instrum. Methods Phys. Res., B, 391: 14-9, (2017)

2016

Arabidopsis pab1, a mutant with reduced anthocyanins in immature seeds from banyuls, harbors a mutation in the MATE transporter FFT. Kitamura S, Oono Y, Narumi I. Plant Molecular Biology, 90: 7-18 (2016)

Draft genome sequence of the radioresistant bacterium Deinococcus grandis, isolated from freshwater fish in Japan. Satoh K, Onodera T, Omoso K, Takeda-Yano K, Katayama T, Oono Y, Narumi I. Genome Announcements, 4: e01631-15 (2016)

DNA gyrase of Deinococcus radiodurans is characterized as type II bacterial topoisomerase and its activity is differentially regulated by PprA in vitro. Kota S, Charaka VK, Rajpurohit YS, Satoh K, Narumi I, Misra HS. Extremophiles, 20: 195-205 (2016)

2015

Draft Genome Sequence of Methylobacterium sp. ME121, isolated from soil as a mixed single colony with Kaistia sp. 32K. Fujinami S, Takeda-Yano K, Onodera T, Satoh K, Shimizu T, Wakabayashi Y, Narumi I, Nakamura A, Ito M. Genome Announcements, 3: e01005-15 (2015)

Benomyl-resistant Beauveria bassiana (Hypocreales: Clavicipitaceae) mutants induced by ion beams. Fitriana Y, Shinohara S, Satoh K, Narumi I, Saito T. Applied Entomology and Zoology, 50: 123-129 (2015)

Tissue-dependent somaclonal mutation frequencies and spectra enhanced by ion beam irradiation in chrysanthemum. Okamura M, Hase Y, Furusawa Y, Tanaka A. Euphytica, 202: 333-343 (2015)

Metabolic alterations in leaves of oxalate-rich plant Rumex obtusifolius L. irradiated by gamma rays. Kitano S, Miyagi A, Oono Y, Hase Y, Narumi I, Yamaguchi M, Uchimiya H, Kawai-Yamada, M. Metabolomics, 11: 134-142 (2015)

2014

ナス小胞子へのイオンビーム照射による突然変異体の作出.佐伯由美、内村要介、長谷純宏.福岡県農業総合試験場研究報告,33:39-42(2014)

Draft genome sequence of Bacillus alcalophilus AV1934, a classic alkaliphile isolated from human feces in 1934. Attie O, Jayaprakash A, Shah H, Paulsen I T, Morino M, Takahashi Y, Narumi I, Sachidanandam R, Satoh K, Ito M, Krulwich T A. Genome Announc., 2: e01175-14 (2014)

Draft genome sequence of calcium-dependent Paenibacillus sp. strain TCA20, isolated from a hot spring containing a high concentration of calcium ions. Fujinami S, Takeda-Yano K, Onodera T, Satoh K, Sano M, Takahashi Y, Narumi I, Ito M. Genome Announc., 2: e00866-14 (2014)

Interaction of double-stranded DNA with polymerized PprA protein from Deinococcus radiodurans, Adachi M, Yamada M, Satoh K, Narumi I, Kuroki R. Protein Science, 23: 1349-1358 (2014)

Draft genome sequence of potassium-dependent alkaliphilic bacillus sp. strain TS-2, isolated from a jumping spider, Fujinami S, Takeda K, Onodera T, Satoh K, Sano M, Narumi I, Ito M. Genome Announc., 2: e00458-14 (2014)

Ion-beam and gamma-ray irradiation induces thermotolerant mutants in the entomopathogenic fungus Metarhizium anisopliaes.l.. Fitriana Y, Satoh K, Narumi I, Saito T, Biocontrol Science and Technology, 24: 1052−1061 (2014).

著書・総説・解説

植物細胞と動物細胞におけるDNA損傷の定量と放射線応答の比較.横田裕一郎.放射線と産業,143:11-14,(2017)

「イオンビーム照射による色素蓄積が異常な植物の作出とその応用」北村智.放射線と産業,140:32-35(2016)

Maintenance of genome integrity: DNA damage sensing, signaling, repair and replication in plants. Balestrazzi A, Achary VMM, Macovei A, Yoshiyama KO, Sakamoto AN. Frontiers in Plant Sciences, Research Topics, 7, 64, (2016)

Creation of flower color mutants with ion beams and comprehensive analysis of anthocyanin composition and genetic background. Yoshihiro H. Recent Advances in Polyphenol Research, 5: 127 – 142. (2016).

Report of Cooperative Research Programs in the Field of Ion-beam Breeding between Japan Atomic Energy Agency and Malaysian Nuclear Agency (Ed.) Zaiton A, Oono Y. JAEA-Review, 2015-037, (2016)

「イオンビーム育種技術による植物・微生物のセシウム吸収特性の改変」大野豊,長谷純宏,佐藤勝也,野澤樹,鳴海一成.放射線と産業,138:17-20(2015).

「イオンビームの育種利用の現状と展望」長谷純宏.放射線化学,100:86-88(2015)

「植物の突然変異と育種」大野豊,横田渉.加速器,12:189-192(2015)

「放射線抵抗性細菌を用いた基礎研究とその応用への展開」鳴海一成,佐藤勝也.工業技術:東洋大学工業技術研究所報告,35:78-83(2014)

「イオンビーム育種技術の特長と産業利用」長谷純宏.化学と生物,52:659-664(2014)

品種登録・特許

きく品種「立神」

木戸君枝、永吉実孝、吉永竜次、今給黎征朗、仁田尾学、田之頭優樹、白尾史、長谷純宏、野澤樹、大野豊
平成29年11月16日 品種登録
登録番号 第26327号
出願日 平成27年10月13日、出願番号 第30519号

きく品種「冬馬」

木戸君枝、永吉実孝、吉永竜次、今給黎征朗、仁田尾学、田之頭優樹、白尾史、長谷純宏、野澤樹、大野豊
平成29年11月16日 品種登録
登録番号 第26326号
出願日 平成27年10月13日、出願番号 第30520号

シクラメン品種「みやびの舞」

石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、田中淳、長谷純宏
平成29年9月28日 品種登録
登録番号 第26250号
出願日 平成26年1月14日、出願番号 第28861号

つたばゼラニウム「フリンジェフィオーレローザ」

木村亮祐、長谷純宏、野澤樹
平成29年2月24日 品種登録
登録番号 第25726号
出願日 平成26年11月26日、出願番号 第29745号

「花色変異体植物の作出方法」

特許第5875058号
発明者 長谷純宏、鳴海一成、田中淳
登録日 平成28年1月29日
出願日 平成22年7月5日 特願2010-152796

芳香シクラメン「天女の舞」

石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、長谷純宏、田中淳
平成28年3月1日 品種登録
登録番号 第24750号
出願日 平成24年9月4日、出願番号 第27376号

オステオスペルマム「ヴィエントラビオス」

岡田智行、飯塚正英、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、関口正行
平成28年3月1日 品種登録
登録番号 第24758号
出願日 平成23年12月26日、出願番号 第26600号

きく品種「立神」

永吉実孝、吉永竜次、今給黎征朗、仁田尾学、田之頭優樹、白尾史、長谷純宏、野澤樹、大野豊
出願日 平成27年10月13日
出願番号 第30519号
平成28年1月28日出願公表

きく品種「冬馬」

永吉実孝、吉永竜次、今給黎征朗、仁田尾学、田之頭優樹、白尾史、長谷純宏、野澤樹、大野豊
出願日 平成27年10月13日
出願番号 第30520号
平成28年1月28日出願公表

サルビア「TL585」

羽毛田智明、長谷純宏、田中淳
平成27年9月30日 品種登録
登録番号 第24473号
出願日平成27年1月23日、出願番号 第29878号

シクラメン「絹の舞」

石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、田中淳、長谷純宏
出願日 平成27年1月23日
出願番号 第29878号
平成27年9月16日出願公表

きく品種「カルロスビビッドティエラ」

石黒信生、長谷純宏、野澤樹
出願日 平成27年7月1日
出願番号 第30303号
平成27年10月30日出願公表

芳香シクラメン「みやびの舞」

石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、長谷純宏、田中淳
出願日 平成26年1月24日
出願番号 第28861号
平成26年7月14日出願公表

 

プロジェクトのトップページ研究部のトップページ