現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > QST 東海量子ビーム応用研究センター

高崎量子応用研究所

QST 東海量子ビーム応用研究センター

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

東海量子ビーム応用研究センター

(English)

東海量子ビーム応用研究センターは、高崎量子応用研究所の支分組織として主にJAEA・原子力科学研究所内で研究開発を行っています。国内外の中性子や放射光、レーザー等の量子ビーム施設を利用し、創薬に必要なタンパク質の全原子構造解析技術開発、加速器による医療用RI製造技術開発などを通じて国民の健康を守り、疾患の早期発見やより治療効果の高い創薬に貢献する研究開発を行うとともに放射線に対する細胞応答メカニズムの解明など、基盤的な研究を進めています。さらに、レーザーを用いたガンマ線発生技術の高度化による貨物中に隠ぺいされた爆発物の検知などを可能とする新たな核種分析法の開発、レーザー照射による新しい元素分離技術を通じた先端材料開発や分離技術に必要な基盤技術開発を進め安全・安心な生活の実現に貢献する、経済・社会的にインパクトの高い研究を推進しています。

東海量子ビーム応用研究センター長 山本博之

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.