現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > LCSガンマ線研究プロジェクト

高崎量子応用研究所

LCSガンマ線研究プロジェクト

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

LCSガンマ線

LCSガンマ線は、高エネルギー電子とレーザーの衝突散乱(レーザーコンプトン散乱、Laser Compton Scattering)により発生するエネルギー可変かつ単色のガンマ線ビームです。

われわれは、電子加速器とレーザーの先端技術の融合による高輝度ガンマ線の発生と利用を研究しています。

LCS-gamma

LCSガンマ線は、単色性、エネルギー可変性、偏光性や指向性において極めて優れた性質をもつ次世代のガンマ線光源です。大強度で、高い単色度のガンマ線を発生させるためには、電子ビームやレーザー光を小さく絞る技術や短パルス化の技術が必要になります。このような先端的な電子加速器とレーザーの研究を進めています。

また、LCSガンマ線を利用した基礎研究(原子核構造、宇宙における元素合成など)、応用研究(核物質の非破壊検知と測定)についても研究を行っています。

さらに詳しく知る

メニュー

メンバー

研究業績

カテゴリー

トピックス

学会発表

未分類

解説

論文

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.