現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > プロジェクト陽電子ナノ物性の研究内容

高崎量子応用研究所

プロジェクト陽電子ナノ物性の研究内容

掲載日:2019年5月21日更新
印刷用ページを表示

 

当プロジェクトでは、特に陽電子のスピン物性研究におけるポテンシャル開拓を目指した研究開発を行っています。2010~2014年の5カ年の第一期研究計画では、世界最高レベルのスピン偏極率を持つ陽電子ビームの形成に成功しました。また、基本的な強磁性金属の研究に基づき、スピン偏極陽電子消滅の基礎構築を進めるとともに、スピン偏極ポジトロニウム消滅法を用いて、最表面電子のスピン偏極の観測に行ってきました。2015年から始まって現在実施している第二期研究計画では、以下に示すようにスピン物性に関してさらに探索的な研究を進めるとともに、新手法の開発なども行っております。

スピン偏極陽電子ビームの開発と応用研究の画像

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?