オンライン
施設公開2021
QST高崎量子応用研究所
令和3年4月4日(日)午前10:00
一挙公開!
今年の4月、QST高崎量子応用研究所は、施設公開をオンラインで開催します!もりだくさんの動画を製作して一挙公開します!実験映像から、研究室の紹介までありますよ。
新型コロナ感染症の影響で昨年、そして今年も、皆さんに施設の中へ入っていただけませんでした。
でも、その代わりに、これらの動画が、私たちの研究活動の世界へ皆さんをお連れします!4月4日(日曜日)午前10時になったら、
からにアクセスしてください!!
※本ページは、Internet Explorerで正しく表示されない場合がございます。別のブラウザをお試しください。
FEATURED MOVIES

高崎研のすべてが分かる?特集動画

特集1

コバルト60ガンマ線照射施設

高崎量子応用研究所を象徴する建物である「コバルト60ガンマ線照射施設」。この施設では、質が高く安定した放射線を実験試料に照射して、数々の研究成果を生み出すことに貢献しています。普段はなかなか見学できないこの施設でどんな研究が行われ、どんな人がこの施設の運転を支えているか。ぜひチェックしてみてください!

コバルト60ガンマ線照射施設
特集2

量子ビームが創り出す次世代材料

高崎研は、量子ビームを使って社会の様々な場面で応用可能な次世代材料の開発に取り組んでいます。例えば、炭素がきれいに並んだダイヤモンドの中に、窒素や穴などの「欠陥」を作ることで、超高感度なセンサを創っています。また、回転方向が揃った電子を思うように走らせるために、原子1個分の厚みの材料も創っています。これらの技術が進展すれば、細胞レベルで健康状態がよく分かるようになったり、情報機器の消費電力が劇的に下げられたり、私たちは、ますます健康で豊かな暮らしを享受することができるのです。

特集3

がんを治し、動植物の内側をみるRI技術

RIとは、「放射性同位元素」という放射線を出す物質のことです。このRIは、医療や食糧生産の進展には欠かすことができません。高崎研は、からだの内側から放射線でがんを攻撃できる薬の開発に取り組んでいます。また、私たちは動物や植物の内側で起こっている営みを直接目で見ることはできませんが、それをみえるようにするためのRI技術の開発や研究も行っています。

More MOVIES

もっと見たい!みんなの好奇心を刺激する動画

特別企画1

バーチャル施設見学

高崎研の最先端の研究開発を支える量子ビーム照射施設。量子ビームは、エネルギーの大きさ、照射する範囲などを極めて正確に制御しながら、そして何よりも安全に出力されます。そのため自ずと施設や装置は大型かつ精密に作られています。そんな照射施設を加速器工学の専門家がやさしく解説します。

電子線照射施設照射室
特別企画2

プロの実験を見てみよう

高崎研の研究者は研究のプロフェッショナル。量子ビームをフル活用して、様々研究成果を生み出しています。量子ビーム装置を使ってどんな実験をしているのか、その成果が私たちの暮らしに役立っているのか、気になりませんか?研究者の研究活動の様子を撮影して、その一端をお見せします。

レーザー顕微鏡
特別企画3

解説!不思議な現象

量子研究開発って言われても、量子のイメージってなかなか湧いてきませんね。量子の世界は、想像できないくらい小さく謎に満ちています。そんな世界にある不思議な現象を、解明したり社会に役立てたりするのが私たちの仕事です。そんな仕事を日々熱心にしている研究者が量子の不思議な世界について解説します。

TIARA装置
「お楽しみに!お待ちしています!」
QST高崎研職員一同