現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > アウトリーチ活動報告/令和元年8月 千葉産業科学館工作実験教室を行いました

核融合エネルギー部門

アウトリーチ活動報告/令和元年8月 千葉産業科学館工作実験教室を行いました

掲載日:2019年9月6日更新
印刷用ページを表示

令和元年8月30日(金曜日)、千葉県立現代産業科学館で分光器の工作実験教室を開催しました。​
千葉県立現代産業科学館実験教室
なか博士も登場し、分光器だけでなく核融合の勉強もしました。

​核融合を起こすには、プラズマを制御する必要がありますが、そのプラズマを測定する器械が分光器です。​
千葉県立現代産業科学館実験教室
なんと、原理は今回作成した物とほぼ同じだそうです。
(なか博士が作っている分光器はもっと大きく、高価ですが…)

分光器を作成した後は、みんなでLEDと蛍光灯のスペクトルの違いを観察しました。
千葉県立現代産業科学館実験教室

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?