現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20120618/県内2箇所の小学校で出張授業を実施

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20120618/県内2箇所の小学校で出張授業を実施

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

出張授業を実施しました

 那珂核融合研究所・核融合研究開発部門は2012年6月18日に茨城県ひたちなか市立佐野小学校、29日に茨城県石岡市立瓦会小学校で出張授業を行いました。
小学校高学年を対象に核融合についてのお話と、核融合と関係が深い液体窒素、人工ダイヤモンド・サーモカメラ、遠隔保守ロボット、磁石の実験を行いました。
 幸いにも29日は快晴だったため、当研究所より持参した太陽望遠鏡を校庭に設置し、子ども達だけではなく保護者の方と一緒に黒点やプロミネンスの観察も行うことができました。
普段の授業ではなかなか体験できない実験に、子ども達は目を丸くし夢中になっていました。
参加した子ども達をはじめ、保護者の方にも理科・科学のおもしろさや核融合のしくみについて興味を持っていただけたと思います。

ロボットの仕組みの画像
ロボットの仕組み

太陽見えたかな?の画像
太陽見えたかな?

超伝導の不思議の画像
超伝導の不思議

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?