現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20090420/科学技術週間サイエンスカフェにて講演

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20090420/科学技術週間サイエンスカフェにて講演

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

日本原子力研究開発機構
核融合研究開発部門・那珂核融合研究所
平成21年4月20

科学技術週間サイエンスカフェにて講演

4月19日(日曜日)スターバックスコーヒー神保町1丁目店において文部科学省主催による平成21年度第50回科学技術週間サイエンスカフェが行われ、牛草研究開発推進室長及び吉田研究員(JT-60計測開発グループ)が「なか博士による核融合のおはなし–ガンダムエンジンを近未来の人類のエンジンに-」と題する講演を行いました。
 会場を埋め尽くす参加者の熱気を感じながら、吉田研究員のお話しからはじめ、「なか博士」に扮した牛草室長が登場、二人の掛け合いで話を進めていきました。地球温暖化の問題、低炭素化社会に向けた環境に優しい新エネルギー源、ガンダムエンジンが実は核融合だったなどの説明をした後、核融合反応の原理から核融合エネルギー開発の現状や国際協力により進められているイーター計画及び幅広いアプローチ活動等について紹介しました。参加者は、講演中にメモをとったり、なか博士にするどい質問をしたり、途中で笑いがでたりと、リラックスしながらも熱心な「カフェ」の様子が見受けられました。また、「どうやったら核融合エネルギー開発の支援をできるのか」や「是非、那珂研に行きたい」等の熱烈なご意見を頂くなど、多くの方々のご理解と好評を得ることができました。

吉田研究員(左)と「なか博士」(右:牛草室長)の画像
吉田研究員(左)と「なか博士」(右:牛草室長)

牛草室長からの核融合エネルギーの話を熱心に聞き入る参加者の皆様の画像
牛草室長からの核融合エネルギーの話を熱心に聞き入る参加者の皆様

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?