現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121104/青少年のための科学の祭典・ひたちなか大会へ出展

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121104/青少年のための科学の祭典・ひたちなか大会へ出展

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 2012年11月4日(日曜日)、ひたちなか市総合体育館で行われた青少年のための科学の祭典・ひたちなか大会にブース出展いたしました。このイベントは、科学の魅力を体験できるイベントであり、約60の団体が出展しています。
 “子供たちに科学の夢を託したい!”という大会テーマの下、太陽望遠鏡を用いた太陽観測や、核融合エネルギーのお話、JT-60SAのペーパークラフトで模型作り、人工ダイヤモンドを使った氷切り実験などを行い、日本の未来を支える子ども達や保護者に科学の面白さや不思議を感じていただきました。
 当日、会場は約5,000名の来場者で賑わいました。当研究所のブースにも沢山の方がお越しくださり、核融合エネルギーの話に耳を傾けてくださいました。今後も一般市民の方と直接対話できる機会を積極的に活用し、当研究所で行っている研究内容について、より多くの方にご理解いただけるよう努力していきたいと思います。

科学の祭典ひたちなかでの様子

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?