現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121110/サイエンスアゴラ2012へ出展

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121110/サイエンスアゴラ2012へ出展

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 11月10日、11日に東京・お台場にある日本科学未来館を主会場として行われたサイエンスアゴラ2012に、ブース出展いたしました。毎年同じ時期に開催されており、今年で3度目の出展になります。これまでは屋内ブースで模型や人工ダイヤモンドを用いた実験などを行っていましたが、今年は屋外ブースで太陽望遠鏡を用いた太陽観測等を行いました。幸いにも天気に恵まれ、多くの方に望遠鏡を覗いていただくことができ、また、太陽をはじめとした天文現象と核融合反応の関連性についてのお話を聞いていただけました。話を聞いてくださったほとんどの方が“応援しています”、“見学に伺います”等々、温かい励ましの言葉をかけてくださり、当研究所にとって大きな励みとなりました。
 また、那珂博士に扮した当研究所研究者が、イベントに出展している研究者有志がリレー形式でプレゼンテーションを行う催しに出場し、会場をわかせました。リレープレゼンテーション終了後には那珂博士に会いに来る子ども達で会場は大変な賑わいを見せました。
 より分かりやすく、どの年代の方にも興味をもっていただけるような説明を目指し、今後も出展内容のさらなる向上に努めていきたいと思います。

サイエンスアゴラ2012での様子

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?