現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121118/青少年のための科学の祭典・北茨城大会へ出展

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121118/青少年のための科学の祭典・北茨城大会へ出展

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 11月18日(日曜日)、北茨城市民ふれあいセンターで行われた青少年のための科学の祭典・北茨城大会に「太陽の核融合を見よう」を出展しました。このイベントには北茨城市、高萩市の小中学生など、親子連れが多数参加し、科学の魅力を体験しました。
 原子力機構那珂核融合研究所は、太陽望遠鏡を用いた太陽観測や、核融合エネルギーのお話、JT-60SAのペーパークラフトの配布を行い、日本の未来を支える子ども達や保護者の方に核融合エネルギーの魅力を感じていただきました。
 会場は約1,500名の来場者で賑わい、天気にも恵まれ太陽には大きなプロミネンスが見えました。太陽から吹き出す大きなプロミネンスを望遠鏡で見て、皆さん驚き声を上げていました。またJT-60SAのペーパークラフトにも多くの子どもたちが興味を持ち、「家で作ってみたい」と言って多くの方が持ち帰りました。今後ともこのような機会を通じて核融合エネルギーの魅力を伝えていきたいと思います。

望遠鏡とお客様となか博士
みなさん太陽に興味津々です。

説明するなか博士の画像
お話を熱心に聞いて下さいました。

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?