現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121202/パークアルカディア祭で太陽観察

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20121202/パークアルカディア祭で太陽観察

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 2012年12月2日(日曜日)、常陸大宮市パークアルカディアで行われたパークアルカディア祭に「太陽パワーのひみつ」と題し、野外イベント会場にて太陽望遠鏡による太陽観察や核融合のパネルを展示しました。このパークアルカディア祭ではピザ焼き体験や木工工作、プラネタリウム、よさこいソーランなども実施され、近隣から親子連れが多数来場し賑わいました。
 原子力機構那珂核融合研究所は、太陽専用望遠鏡を用いた太陽観察を行いました。核融合エネルギーで輝き続け、様々な形のプロミネンスや黒点などで表情豊かな太陽の魅力を感じていただきました。

道具一式
モニターでも太陽の様子を観察できます

太陽の様子
プロミネンスが観察できました。

観察中
見えましたか? 

沢山の観察希望のみなさん
多数の方が太陽望遠鏡で太陽を見て感激していました

クリスマス仕様のなか博士
期間限定、クリスマス仕様のなか博士

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?