現在地
Home > 核融合エネルギー部門 > 核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20151108/核融合施設見学会(2015)を開催

核融合エネルギー部門

核融合エネルギー研究開発部門_アウトリーチ活動報告/20151108/核融合施設見学会(2015)を開催

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 11月8日に核融合施設見学会を開催しました。本見学会は、核融合研究開発をはじめとした科学技術全般に関する知識・理解の促進及び地域住民の皆様との交流を目的として毎年開催しています。

 「きてみてふれよう!未来へつなぐ新しいエネルギー!」というキャッチコピーのもと、来場くださった大勢のお客様に、現在組立中の超伝導核融合実験装置JT-60SAや関連施設、超伝導体を用いた浮遊実験等、最先端の科学技術に「みて」「ふれて」いただく事ができました。

 また、日本科学未来館科学コミュニケーター池辺靖氏によるサイエンストーク、那珂市や近隣市町村在住の一般の方々ならびに地元中学校吹奏楽部による様々な催し物、那珂市消防本部による起震車・はしご車と茨城県警那珂警察署によるパトカー展示、原子力学会北関東支部、原子力機構(広報部、東海管理センター、J-PARCセンター)による協力企画を行い、来場者から大変ご好評いただきました。

核融合講座の画像
核融合講座

JT-60見学ツアーの様子の画像
JT-60見学ツアーの様子

超伝導体を用いた人間浮上体験の画像
超伝導体を用いた人間浮上体験

戻る

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?