光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術 Photonics and Quantum Technology for Society 5.0
Home > お知らせ > 令和4年度

令和4年度

2022年12月5日更新
株式会社東芝の佐藤英昭氏が12月15日に開催される国際会議「QKD Days Madrid 2022」Day 2 “QKD Industry Day”で招待講演をされます。
2022年11月25日更新
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の藤原幹生氏、東京大学の小芦雅斗教授、株式会社東芝の谷澤佳道氏と鯨岡真美子氏が 国際会議「Quantum Innovation 2022」のQuantum Cryptography & Communication Track(11月29~30日)に登壇します。
2022年11月18日更新
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、京都大学、株式会社東芝、株式会社ZenmuTechは11月17日「量子セキュアクラウドによる高速安全なゲノム解析システムの開発に成功 〜従来不可能だった情報理論的安全で高速な処理を実現〜」のプレスリリースを発表しました。
2022年11月4日更新
京都大学とスタンレー電気株式会社は11月4日「青色GaN系フォトニック結晶レーザーの高出力・高ビーム品質動作に成功―次世代の高品位レーザー加工、高輝度照明、水中LiDAR等の実現に向けて―」のプレスリリースを発表しました。
2022年11月2日更新
株式会社東芝の谷澤佳道氏と国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の釼吉薫氏が11月8日に開催される国際会議ITU Workshop on "Quantum key distribution protocols, security and certification"で講演をされます。
2022年11月1日更新
浜松ホトニクス株式会社中央研究所 所長の豊田晴義氏、東京大学の田丸博晴特任教授が12月2日開催の2022年度レーザーによるものづくり中核人材育成講座主催「空間光制御技術ワークショップ」講演会にて講演されます。
2022年10月26日更新
安井サブプログラムディレクターが、10月27日に公益社団法人自動車技術会開催の公開委員会『自動車製造技術を支える周辺技術』にて「製造業のデジタル化が加速させた5G/6G無線通信等の自動車向け開発と今後の展開」の講演をされます。
2022年10月24日更新
東京大学、味の素ファインテクノ株式会社、三菱電機株式会社、スペクトロニクス株式会社は10月24日「次世代半導体製造向けの極微細穴あけ加工を実現 ―業種横断の協働拠点で先端半導体をけん引―」のプレスリリースを発表しました。
2022年10月24日更新
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は10月24日「凸版印刷とNICT、世界初、米国政府機関選定の耐量子計算機暗号をICカードシステムに実装する技術を確立 保健医療用の長期セキュアデータ保管・交換システムで有効性を確認」のプレスリリースを発表しました。
2022年10月18日更新
株式会社東芝の米良恵介氏が10月25日開催のBeyond 5G国際カンファレンス2022にて「6Gセキュリティと今後」をテーマに講演されます。
2022年10月18日更新
佐々木サブプログラムディレクター、NICTの藤原幹生氏、北海道大学の富田章久教授、日本電気株式会社の前田和佳子氏、株式会社東芝の高橋莉里香氏が10月25日開催の量子セキュリティ合同シンポジウム2022「量子が拓く未来の産業」にて講演されます。
2022年10月17日更新
安井サブプログラムディレクターが11月10日にIMEC2022(第19回国際工作機械技術者会議)にて「非連続的な計算パワーの増大が切り開く新しい製造現場の動向と将来展望」の講演をされます。
2022年10月13日更新
株式会社フィックスターズは10月12日「フィックスターズと住友商事、Fixstars Amplifyのパートナー契約締結 量子コンピューティング技術を活用し、物流課題解決に向け、実運用を開始」のプレスリリースを発表しました。
2022年10月6日更新
株式会社QunaSysらは10月6日「巨大量子系シミュレーション用の量子回路設計法を構築-物性・材料・化学計算への効率的・高精度な大規模量子計算を加速- 」のプレスリリースを発表しました。
2022年10月5日更新
浜松ホトニクス株式会社の「hama hot」(ハマホット)(2022 Vol.20)に「Society 5.0、CPS型ものづくりを実現する空間光制御技術の挑戦」としてSIP光・量子課題の成果が紹介されました。
2022年10月5日更新
日本電気株式会社、国立研究開発法人情報通信研究機構、京都大学、慶應義塾大学は、量子暗号技術と秘密分散技術を融合した量子セキュアクラウドシステムを適用した検証試験で、スマート製造分野での設計情報の最適化の処理・高秘匿伝送・分散保管に成功したことについてプレスリリースを発表しました。
2022年9月30日更新
OplusE2022年9・10月号「特集:2021年の技術成果」に東芝デジタルソリューションズの佐藤英昭氏が「量子暗号ネットワークによるサービス事業の展開」を寄稿されました。
2022年9月30日更新
宇都宮大学の早崎芳夫教授が11月27日にSPIE / COS Photonics ASIAにて「Holographic beam-shaping optimized in a laser processing system」の講演をされます。
2022年9月30日更新
宇都宮大学の早崎芳夫教授が10月27日開催の第46回レーザ協会セミナーで「高効率・高スループットなホログラフィックレーザ加工」の講演をされます。
2022年9月30日更新
宇都宮大学の早崎芳夫教授が8月1日に英国ケンブリッジのマイクロソフトリサーチにて「Holography in material laser processing and volumetric display」の講演を行いました。
2022年9月26日更新
安井サブプログラムディレクターが10月11日開催のオランダ政府主催のイベント「Netherlands-Japan QUANTUM-PHOTONICS-NANO ROADSHOW」にて講演をされます。
2022年9月20日更新
株式会社QunaSysが9月20日に「IEEE Quantum Week 2022」のチュートリアルプログラムQuantum Computing Chemistry Application for Energy Sector: Hands-on CodingとパネルセッションQPARC Quantum Chemistry Hackathon Challengeに登壇されます。
2022年9月9日更新
京都大学、慶応義塾大学、早稲田大学は、「量子アニーリングを活用したフォトニック結晶レーザーの構造最適化に成功」に関するプレスリリースを発表しました。
2022年9月1日更新
科学新聞に掲載された京都大学の「フォトニック結晶レーザー大面積化の理論確立」の記事が、サイエンス・ジャパンで紹介されました。
2022年9月1日更新
浜松ホトニクス株式会社中央研究所の田中博氏が9月8日開催の日独ネットワーキングイベント 「ソサイエティ5.0に向けたエレクトロニクス、光学、センサー技術 -テューリンゲン州と日本」で講演されます。
2022年8月30日更新
安井サブプログラムディレクターが9月27日開催の2022 台日EV國際セミナーで「産業界全体から見た場合のEVの位置づけ」について講演されます。
2022年8月12日更新
国際的な総合科学雑誌Nature (2022年8月11日号)のFocal Point on Emerging Photonic and Quantum Technologies in Japan特集(記事広告)で 安井サブプログラムディレクターのインタビューとSIP光・量子課題に参画する各機関の記事が掲載されました。
2022年7月14日更新
SIP「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」国際シンポジウム2022を開催いたします。概要及び参加のお申込みはこちらから。
2022年7月7日更新
慶應義塾大学の田中宗准教授が、7月13日にオンラインで開催されるBiz/Zine Day 2022 Summerで「製造領域における量子コンピューティング応用事例探索の研究開発の現状と今後の課題」について講演をされます。
2022年7月6日更新
京都大学の100W~1kW級単一モードフォトニック結晶レーザーの設計指針の確立に関する成果が、英科学誌Nature Communicationsに掲載されました。
2022年6月28日更新
安井サブプログラムディレクターと株式会社QunaSys楊天任CEO、中川裕也氏が量子コンピュータに関する国際ビジネスカンファレンスQ2B22 Tokyo(2022.7.13~7.14)で講演をされます。
2022年6月22日更新
九州大学は、株式会社グルーブノーツと量子コンピューティング技術の探求や社会応用発展に 向けてMOUを締結したことについてプレスリリースを発表しました。
2022年6月16日更新
株式会社東芝の技術論文誌「東芝レビュー 」77巻3号(2022年5月)「特集:CPSを支えるセキュリティ技術」に「量子計算機でも破れない耐量子セキュリティ技術」が掲載、量子暗号技術が紹介されました。
2022年6月16日更新
安井サブプログラムディレクターが国際会議ISFA 2022(2022.7.3~7)のプレナリー・トークに登壇されます。
2022年6月14日更新
京都大学の野田進教授が日本学士院賞を受賞されました。
2022年6月9日更新
浜松ホトニクス株式会社の空間光制御デバイス(SLM)が「月刊OPTRONICS」(6月号 No.486)の光業界トピックスで紹介されました。
2022年6月6日更新
宇都宮大学の早崎芳夫教授がこれまでの研究業績及びSIPでの業績等が認められて大学初の卓越教授となりました。宇都宮大学の卓越教員制度は令和3年度から始まった称号付与制度で、研究実績において要件を満たした教員に対し、令和3年4月1日から3年間の称号を付与されるものです。
2022年4月28日更新
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は5月11~13日に開催される第2回量子コンピューティングEXPO【春】で「量子セキュアクラウド技術」のパネル展示を行います。
2022年4月25日更新
東芝デジタルソリューションズ株式会社のWebサイト「DiGiTAL T-SOUL」の「連載:デジタル社会の未来を守る「量子暗号通信」(第3回)」にSIP光・量子課題の成果である「量子鍵配送ネットワークと標準化」が紹介されました。
2022年4月21日更新
安井サブPD、佐々木サブPD、東京大学の小林洋平教授が4月22日にBerlin PartnerとOpTecBBが共催する「OPIE 2022: Quantum Technologies for Quantum Communication & Laser Technologies for Battery Research and Manufacturing」で講演されます。
2022年4月18日更新
パナソニック ホールディングス株式会社の和田紀彦氏が4月21日のOPTICS & PHOTONICS International Exhibition(OPIE'22)の併設セミナー 第5回TACMIコンソーシアムシンポジウムで「レーザー加工技術の取組事例と目指すモノづくり」の講演をされます。
2022年4月18日更新
京都大学の野田進教授が4月21日のOPTICS & PHOTONICS International Exhibition(OPIE'22) の レーザー基礎&応用技術セミナー(新しい半導体レーザー光源)で「フォトニック結晶レーザー」の講演をされます。また、会場での展示も行われます。
2022年4月12日更新
浜松ホトニクス株式会社からSIP課題「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」の研究成果に関するプレスリリースが発表されました。「世界最大級、大面積化で耐熱性向上 高出力CW レーザ装置向け空間光制御デバイスを開発 金属3D プリンタへの応用に期待」
2022年4月11日更新
京都大学の野田進教授が国際会議 16th International Conference on Laser Ablation (COLA 2021/2022)(2022.4.24~29)にて「Progress of photonic crystal surface-emitting lasers (PCSELs)」と題して基調講演をされます。