光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術 Photonics and Quantum Technology for Society 5.0
Home > 光・量子課題 > 光電子情報処理 > 光電子情報処理

光電子情報処理

サブプログラムディレクター

 当分の間、西田直人プログラムディレクターが兼任

次世代アクセラレータ基盤

 
研究題目 次世代アクセラレータ基盤に関する研究開発
研究責任者 ⼾川 望(早稲⽥⼤学)
共同研究機関 株式会社フィックスターズ、株式会社QunaSys

 研究の概要

次世代アクセラレータを適材適所で利活⽤することを念頭に、Society 5.0に資するアプリケーションプログラム全体を⾼速化・⾼度化することで、従来の計算⽅法と⽐較して、格段に処理や解析を⾼速化・⾼度化する次世代アクセラレータ基盤の研究開発に取り組む。

光電子情報処理

社会的インパクト

スマート製造、物流、材料、エネルギー・環境産業等におけるユーザと社会問題を抽出し、問題の定式化、最適解法の選択による構築。