光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術 Photonics and Quantum Technology for Society 5.0
Home > 光・量子課題 > レーザー加工 > レーザー加工

レーザー加工

サブプログラムディレクター

安井 公治(やすい こうじ)

 三菱電機株式会社 FAシステム事業本部 産業メカトロニクス事業部 主席技監

3つの研究テーマ

  1.CPS型レーザー加工機システム研究開発​

  2.空間光制御技術開発

  3.フォトニック結晶レーザー​

 

1.CPS型レーザー加工機システム研究開発​

 
研究題目 CPS型レーザー加工機システムによるスマート製造推進拠点
研究責任者 小林 洋平(国立大学法人東京大学)
共同研究機関 国立大学法人九州大学、ギガフォトン株式会社

研究の概要

  • Society 5.0実現のカギとなるあらゆるもののCPS化に資するため、物理モデルの構築が最も困難なレーザー加工のCPS化を実現
  • CPS型レーザー加工機システムを中核として、CPSを搭載するレーザー加工機のシステム化、スマート製造を推進する拠点を形成 

社会的インパクト

 スマート製造上の投資のボトルネックを解消することで、CPS型レーザー加工によるネットワーク型製造システムを実現し、ものづくりの生産性の向上に貢献

スマート製造推進拠点概念図

スマート製造推進拠点概念図

2.空間光制御技術開発

 
研究題目 高精度・高スループットレーザー加工のための空間光制御技術開発
研究責任者 豊田 晴義(浜松ホトニクス株式会社)
共同研究機関 国立大学法人宇都宮大学

研究の概要

  • 光の2次元位相分布を高精度に制御可能な空間光制御デバイス(SLM)とその応用技術を発展させ、高精度かつ高スループットな加工を実現する空間光制御技術を実用化
  • 同時3次元多点同時加工等を実現させ、製造工程における高精度加工処理の高速化(現在の10倍から100倍程度)を実現

社会的インパクト

 従来のレーザー加工の概念を凌駕する、多点同時加工や型抜き加工を実現し、製造業における加工の世界トップの生産性を実現し、我が国企業によるレーザー加工市場シェアを奪還

空間光制御技術により実現されるレーザー加工システム

空間光制御技術により実現されるレーザー加工システム

3.フォトニック結晶レーザー

 
研究題目 フォトニック結晶レーザーの高輝度化およびスマート化の研究開発
研究責任者 野田 進(国立大学法人京都大学)
共同研究機関 三菱電機株式会社、ローム株式会社

研究の概要

  我が国発の独創技術「フォトニック結晶レーザー(PCSEL)」を高輝度・スマート化し、Society 5.0を支えるスマートモビリティやスマート加工におけるキーデバイスとなる超小型・高性能光源を創出

社会的インパクト

  スマートモビリティへ向けたセンシング(直近の出口の1つ)、および将来のスマート​加工(レーザー加工)へ向けた超小型・低消費電力・低コスト、高性能デバイスの提供。我が国企業によるシェアの奪還が期待。

フォトニック結晶レーザー 研究開発内容

研究開発内容