光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術 Photonics and Quantum Technology for Society 5.0
Home > シンポジウム > 「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウム2020

「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウム2020

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構は、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期課題「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウム2020をオンラインで開催します。
どなたでもご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。

■開催概要

日時:令和2年11月9日(月)13:30-18:00
開催方法:オンライン配信(Zoom使用)
参加費:無料
定員:500名(先着順)
共催:内閣府/国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)

■参加登録

次の特設サイトから参加のご登録をお願いします。
https://www.pqts-symposium2020.jp/

■プログラム

13:30-13:35   開会挨拶   
        平野俊夫  国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 理事長

13:35-13:40   主催者挨拶 
                      須藤亮    内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 プログラム統括

13:40-13:50 プログラム紹介
                      西田直人  内閣府 SIP「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」プログラムディレクター

13:50-15:05 研究成果発表 
                     小林洋平(国立大学法人東京大学 物性研究所 教授)
                     野田進(国立大学法人京都大学 大学院工学研究科 教授)
                     豊田晴義(浜松ホトニクス株式会社 中央研究所 研究主幹)
                     藤原幹生(国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所 量子ICT 先端開発センター 研究マネージャー)
                     戸川望(学校法人早稲田大学 基幹理工学部情報通信学科 教授)

15:05-15:20 ビデオメッセージ 
                     フラウンホーファー研究機構、オランダ応用科学研究機構、財団法人工業技術研究院

15:20-16:20   CPSプラットフォーム オンライン討論
                     西田直人 プログラムディレクター、安井公治 サブプログラムディレクター、
                     佐々木雅英 サブプログラムディレクター、ゲスト(調整中)

16:20-16:25  主催者謝辞
                     茅野政道  国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 理事

        -18:00 ポスターセッションスペースの公開

 

※Zoomのウェビナー機能を利用した,オンライン開催です。
※お申し込みをいただいた皆様にはZoomのウェビナーの「視聴者」としてチャットにご参加いただけます。
※参加者の方の映像は共有されません。