現在地
Home > よくあるご質問(FAQ):実施報告書・成果の公表

よくあるご質問(FAQ):実施報告書・成果の公表

掲載日:2019年7月5日更新
印刷用ページを表示

 本ページは、よくあるご質問のうち、実施報告書・成果の公表のFAQページです。

実施報告書の内容は、どの程度、記載したらよいのですか。

成果公開の利用においては、科学技術発展への寄与や無形に創出された財産の社会への還元を図るために、利用料金の一部を免除しております。従いまして、これらの意義をご理解いただき、定められた様式に従い相応しい内容の記載をお願いいたします。

成果公開課題で利用した場合、実施報告書を提出しますが、何時までに提出すればよいのですか。

実施報告書は、施設を利用した年度の翌年度の4月1日から起算して60日以内にご提出していただきます。(原則として次年度の5月30日まで となります。)

実施報告書は、利用ごとに提出するのですか。

実施報告書は、1利用課題ごとに1件を書類の提出先へご提出ください。期間中、何回利用されても、それらをまとめて実施報告書のご提出は1件です。

実験がうまくいかなかった場合や期待していた成果が出なかった場合は実施報告書の提出や論文等の外部発表はしなくてもよいですか。

成果公開課題で行った場合は、成果の有無に係わらず、必ず実施報告書をご提出ください。ただし、成果が出なかった場合の実施報告書の公表や論文等の外部発表については、研究企画部(高崎)にご相談ください。 

成果公開の利用での実験データに基づいて、特許の出願を予定していますが、実施報告書の提出は、出願後でよいのですか。

特許の出願の予定のある方でも、実施報告書は定められた期間内にご提出願います。なお、実施報告書の公開は、毎年8月頃に行う予定ですが、実施報告書の取り扱いについては、別途、考慮いたしますので、研究企画部(高崎)へご相談ください。

成果の公表とは、どのような範囲の発表形式まで含みますか。

発表形式は、実施報告書・書式例に記載されているように、原著論文、総説、プロシーディングス、書籍、雑誌、 社内報、学会、研究会、セミナー、シンポジウム、 講演会 、報告会、プレス発表、特許出願などで、量研の施設共用制度にて行ったことを明記してください 。
また、「競争的資金利用課題」で、成果の公表について委託者側との関係で制限等がある場合やコバルト施設の写真等を使用する際には研究企画部(高崎)【照射施設管理課】に成果を公表する前に必ずご相談ください。

成果の公表は、いつまでに公表する必要がありますか。

施設を利用した年度の翌年度の4月1日から起算して2年以内に論文発表等により成果を公表してください。公表後は速やかに公表連絡票に発表された資料、公表時期を示す書類等の写しを添えて書類の提出先へご提出ください。
なお、定められた期限までに公表されないときは、成果非公開課題としての利用料金が適用され、お支払いただいている料金との差額を追加してお支払いいただくことになります。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?