現在地
Home > 【開催終了】全国重粒子線治療施設設立者協議会 設立記念シンポジウムのお知らせ

【開催終了】全国重粒子線治療施設設立者協議会 設立記念シンポジウムのお知らせ

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

重粒子線治療施設を設立した機関の代表者が集う協議会が昨年12月に設立されました。会の構成員は、施設稼働順に、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構、兵庫県、国立大学法人群馬大学、公益財団法人佐賀国際重粒子がん治療財団、地方独立行政法人神奈川県立病院機構の5機関で、本協議会は、国民からも認知されつつある重粒子線治療について、更なる普及発展を図り、今後のがん治療の向上に貢献していくことを目的として設置されたものです。
つきましては本協議会設立を記念したシンポジウムを下記の要領で開催いたします。

開催概要
主催 全国重粒子線治療施設設立者協議会
(会長:平野量子科学技術研究開発機構理事長)
日時 平成29年7月6日(木曜日)10時00分~17時00分
会場 発明会館 地下ホール
 東京都港区虎ノ門2-9-14(アクセス)
参加費 無料(懇親会会費5,000円)
事前参加登録 参加される方の氏名、ご所属、懇親会参加有無を
inquiry@qst.go.jp までご連絡下さい。
プログラム ダウンロード[PDFファイル/113KB]

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.