現在地
Home > 播磨地区開催 > 関西光科学研究所 | 第3回QST播磨セミナー 量子ビームを利用した水素エネルギー材料の創製研究 ―燃料電池部材を中心にして―

播磨地区開催

関西光科学研究所 | 第3回QST播磨セミナー 量子ビームを利用した水素エネルギー材料の創製研究 ―燃料電池部材を中心にして―

掲載日:2017年6月21日更新
印刷用ページを表示

 

第3回QST播磨セミナー

量子ビームを利用した水素エネルギー材料の創製研究 ―燃料電池部材を中心にして―

 

講演者 八巻 徹也
(高崎量子応用研究所 先端機能材料研究部)
職位 上席研究員
場所 QST播磨地区 萌光館 大会議室
日時 6月21日(水曜日)11時00分~
使用言語 日本語

量子ビームを利用した水素エネルギー材料の創製研究 ―燃料電池部材を中心にして―

要旨

γ線、電子線、イオンビーム、中性子ビーム、放射光X線などの「量子ビーム」が有している、モノを「作る」、「見る」働きを利用した水素エネルギー材料の創製研究について、発表者らの成果を紹介する。具体的には、燃料電池の主要部材として、カチオン・アニオン伝導性の高分子膜と電極触媒の開発を取り上げる。本研究で新規に開発された材料はすべて、構造的、機能的に特異であり、量子ビームによる手法で初めて得ることができたものである。この点で、通常の放射線架橋・グラフト重合、放射線還元、イオン注入などの技術とは対照的であることを強調したいと思う。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?