現在地
Home > 播磨地区開催 > 関西光科学研究所 | 第1回QST播磨・機械学習研究会 Intermag2017参加報告 ―磁気科学分野における機械学習応用の動向―

播磨地区開催

関西光科学研究所 | 第1回QST播磨・機械学習研究会 Intermag2017参加報告 ―磁気科学分野における機械学習応用の動向―

掲載日:2017年5月11日更新
印刷用ページを表示

 

第1回QST播磨・機械学習研究会

Intermag2017参加報告 ―磁気科学分野における機械学習応用の動向―

 

講演者 上野 哲朗
(関西光科学研究所 放射光科学研究センター 磁性科学研究グループ)
職位 主任研究員
場所 QST播磨地区 物性研究棟4F応接室
日時 5月11日(木曜日)16時30分~
使用言語 日本語

Intermag2017参加報告 ―磁気科学分野における機械学習応用の動向―

要旨

QST播磨地区では、放射光を用いた物質・材料研究に機会学習の適用の推進を図るため、機械学習研究会を定期的に開催することに致しました。第1回は、4月末開催の機会学習国際会議Intermag2017の参加報告を行い、磁気科学分野における機械学習応用の動向を紹介します。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?