現在地
Home > 播磨地区開催 > 関西光科学研究所 | 第2回QST播磨セミナー Kosterlitz-Thouless転移とHaldane予想

播磨地区開催

関西光科学研究所 | 第2回QST播磨セミナー Kosterlitz-Thouless転移とHaldane予想

掲載日:2016年10月25日更新
印刷用ページを表示

 

第2回QST播磨セミナー

Kosterlitz-Thouless転移とHaldane予想

 

講演者 坂井 徹
(兵庫県立大学)
職位 教授(量研機構客員研究員)
場所 萌光館(QST播磨地区)
日時 2016年10月25日(火曜日)16時00分~
使用言語 日本語

Kosterlitz-Thouless転移とHaldane予想

坂井 徹教授
(兵庫県立大学)

概要

2016年ノーベル物理学賞は、J. Michael Kosterlitz、Duncan M. Haldane、David J. Thoulessの三氏が受賞しました。その受賞対象となった業績である、Kosterlitz-Thouless転移、及びHaldane予想について簡単な説明をするとともに、最近の発展について紹介します。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?