現在地
Home > 【開催終了】第1回国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」について

【開催終了】第1回国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」について

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

「量子生命科学 -Quantum Life Science-」についての画像

 2017年7月25日、26日に千葉・幕張にて、QSTとして初めての国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」を開催します。
 プログラム委員長はJim Al-Khalili博士に、また基調講演はJohnjoe McFadden博士に行っていただきます。Al-Khalili博士は物理学、McFadden博士は血液学者で、お二人は共同でQuantum Biologyの分野を先導してこられました。シンポジウムでは、McFadden博士による基調講演を始めとして、国内外の研究者による21件の講演が予定されています。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
 同時に、科学技術分野における女性の進出を促進するために、経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)とQSTの共催で女子高校生を対象としたワークショップも開催します。

開催概要

シンポジウム 第1回国際シンポジウム「量子生命科学 -Quantum Life Science-」
主催 量子科学技術研究開発機構(QST)
後援 文部科学省、応用物理学会、日本癌学会、日本環境変異原学会、日本酸化ストレス学会、日本生物物理学会、日本分子生物学会、日本放射線影響学会、日本放射線化学会、日本免疫学会
【同時開催】 QSTおよび経済協力開発機構/原子力機関(OECD/NEA)共催 国際ワークショップ
Joshikai for Future Scientists
  -International Mentoring Workshop in Science and Engineering-
使用言語 英語
日時 2017年7月25日(火曜日),26日(水曜日)
会場 東京ベイ幕張 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3(アクセス
参加費 無料(懇親会及びポスターセッション会費(25日):2000円)
事前参加登録 事前参加登録は終了いたしました。
多数お申込みいただき、ありがとうございました。
なお、当日参加も可能です。
参加いただける場合は、当日 受付までお越しください。
プログラム 1st QST International Symposium "Quantum Life Science"[PDFファイル/94KB](6/23更新)
ポスター ダウンロード[PDFファイル/3.0MB]

※開催したシンポジウムの様子については「第1回QST国際シンポジウム」を開催しました~「量子生命科学 -Quantum Life Science-」をご覧ください

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.