現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 桐蔭学園高校の生徒が職場訪問で来所しました

量子医学・医療部門

桐蔭学園高校の生徒が職場訪問で来所しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

2018年8月24日に、桐蔭学園高校(横浜市)から1年生の生徒10名が、職場訪問で来所しました。

研究者の一日の過ごし方を紹介し、その仕事を少しでも知ってもらうため、画像診断技術を用いた認知症の診断に関する研究で行う実験を体験していただきました。また、がんや認知症などの画像診断に用いられる臨床PET装置や、PET装置開発のラボを見学していただきました。

研究者との懇談では、研究者が学生の時の話や、実際に働いての感想など話が尽きませんでした。生徒の皆さんが、今後の進路や将来を思い描く際に、この職場訪問が少しでも参考になれば幸いです。

研究員の仕事や一日の過ごし方の一例を紹介の画像
研究員の仕事や一日の過ごし方の一例を紹介

認知症の原因タンパク質を見る実験の画像
認知症の原因タンパク質を見る実験

PET装置を開発するラボで測定原理を実験の画像
PET装置を開発するラボで測定原理を実験

重粒子線がん治療施設を見学の画像
重粒子線がん治療施設を見学

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?