現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 第58回 千葉核医学研究会において千葉核医学会賞を受賞しました

量子医学・医療部門

第58回 千葉核医学研究会において千葉核医学会賞を受賞しました

掲載日:2019年6月7日更新
印刷用ページを表示

 令和元年6月1日に開催されました、第58回 千葉核医学研究会において、量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部の互 健二 実習生が、千葉核医学会賞を受賞しました。

 発表タイトルは、「放射性リガンド18F PM-PBB3の脳内タウイメージング製剤としての臨床的有用性に関する研究」です。

 年1回開催される研究会には主に医師・診療放射線技師等が参加し、活発な研究発表と討議が行われます。 発表演題の中から優秀な演題が1編選ばれ、表彰されます。

脳機能イメージング研究部 互 健二 実習生

放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部 互 健二 実習生 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?