現在地
Home > プロジェクト「RIイメージング研究」 > 過去のトピックス

プロジェクト「RIイメージング研究」

過去のトピックス

掲載日:2019年5月7日更新
印刷用ページを表示
  • 2013年9月12日、尹永根博士研究員が日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会において、優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2012年11月12日、尹永根博士研究員が日本原子力学会関東・甲越支部第11回若手研究者発表討論会において、奨励賞を受賞しました。
  • 2012年6月29日、尹永根博士研究員が第14回放射線プロセスシンポジウムのポスターセッションにおいて優秀賞を受賞しました。
  • 2010年4月7日、藤巻秀SGLらによるイネのカドミウムイメージングに関する研究成果が、Plant Physiology誌に掲載されました。[DOI:10.1104/pp.109.151035]
  • 2010年3月1日、伊藤小百合博士研究員らによるダイズ根粒への栄養分配様式のポジトロンイメージング解析に関する論文がRadioisotopes誌に掲載されました。
  • 2009年12月1日、藤巻秀SGL、石井里美研究員、大山卓爾GLによる根粒窒素固定のポジトロンイメージング解析に関する総説が「放射線と産業」に掲載されました。
  • 2009年11月13日、河地有木研究員らによる植物研究のためのコンプトンカメラ開発に関する発表が放射線プロセスシンポジウムにおいて最優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2009年10月25日、河地有木任期付研究員がIEEE Nuclear Science Symposium/Medical Imaging Conference(10月25~31日、オーランド)において若手学会出席旅費援助を獲得しました。
  • 2009年10月1日、石井里美研究員らによる根粒窒素固定のポジトロンイメージング解析に関する論文がSoil Science and Plant Nutrition誌に掲載されました。[DOI:10.1111/j.1747-0765.2009.00403.x]
  • 2009年8月30日、鈴井伸郎研究員らによる光合成産物の輸送速度等のポジトロンイメージング解析に関する発表がXVI International PlantNutrition Colloquium(8月26~30日、サクラメント)においてbest poster prizeを受賞しました。
  • 2009年5月30日、鈴井伸郎研究員らによる光合成産物の輸送速度等のポジトロンイメージング解析に関する発表が光合成研究会(現・光合成学会)において最優秀ポスター賞を受賞しました。