現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | プレス発表:燃料電池反応を高効率化する「助触媒」の役割を実験的に解明 ―白金使用量の削減・燃料電池の高効率化の同時実現に指針―

最新の話題

関西光科学研究所 | プレス発表:燃料電池反応を高効率化する「助触媒」の役割を実験的に解明 ―白金使用量の削減・燃料電池の高効率化の同時実現に指針―

掲載日:2012年5月29日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> プレス発表 >> 燃料電池反応を高効率化する「助触媒」の役割を実験的に解明 ―白金使用量の削減・燃料電池の高効率化の同時実現に指針―

 

プレス発表

平成24年5月29日
独立行政法人物質・材料研究機構
独立行政法人日本原子力研究開発機構

発表のポイント

  1. 独立行政法人物質・材料研究機構(理事長 潮田 資勝)ナノ材料科学環境拠点(GREEN)電池分野の増田 卓也特別研究員、森 利之GREENリーダー、魚崎 浩平コーディネーターらは同機構国際ナノアーキテクトニクス拠点・高輝度放射光ステーション、独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長 鈴木 篤之)量子ビーム応用研究部門の松村 大樹研究員、田村 和久研究員、西畑 保雄研究主幹と共同で、金属酸化物系助触媒1)が固体高分子形燃料電池用電極反応の高効率化に果たす役割を放射光を用いたその場測定2)により初めて明らかにした。
  2. 固体高分子形燃料電池は、水の電気分解反応の逆反応を利用して、高い効率で電力を取り出すことが可能な発電装置である。特に水素を燃料とする水素-酸素燃料電池は、1)比較的低温(< 100°C)で動作
    2)小型化が容易3)排出物が水のみのクリーンな装置、と利点が多く、自動車やモバイル電子機器の電源、家庭用コージェネレーションシステムとしての普及が期待されている。しかし、現在、両極の電極材料として白金が使用されているが、酸素還元反応3)活性が低く、希少材料である白金を大量に使用する必要があることが大きな問題である。

  3. 最近、森GREENリーダーらは、助触媒として酸化セリウムを加えた白金-酸化セリウムナノ複合体を開発し、それらが従来の白金触媒4)に比べて高い酸素還元反応活性を示すことを示した。本研究では、高性能な電極材料の開発を目指して大型放射光施設(SPring-8)のX線を用いた固液界面その場計測技術により、反応活性向上におよぼす助触媒である酸化セリウムの役割を明らかにした。
  4. その結果、通常の白金触媒では、酸素還元反応は白金表面が一部酸化された状態で進行するが、このように表面が酸化された状態では、白金本来が持つ高い反応活性が損なわれてしまう。一方、新開発した白金-酸化セリウムナノ複合体では、白金と酸化セリウムが接触する界面5)において部分的な電荷のやりとりが起こり、酸化セリウムが白金の身代わりとなって酸化されることで、白金の酸化が抑制され、白金そのものが持つ高い触媒活性が発揮されているということが示された。
  5. 以上のように、酸素還元反応時における白金/酸化セリウム界面の重要性が実証されたことから、より効率よく界面を形成することによって、白金の使用量をさらに低減できるのみならず、より高い活性を持つ燃料電池用電極材料の開発につながるものと期待される。
  6. 本研究成果は、米国科学雑誌「The Journal of Physical Chemistry C」のオンライン速報版で公開されている。

詳細は下記をご参照ください。(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構のサイトへリンク)

 

[前の記事]
大強度電子ビームの超伝導加速を実現 ―高輝度X線の発生と医療診断応用等に道を拓く―
[次の記事]
高強度レーザーを用いて世界最高エネルギー陽子線を発生 ―レーザーを使った小型粒子線がん治療へさらに一歩前進―

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?