現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | プレス発表:電子検出により放射光メスバウアー吸収分光法の測定効率を大幅向上 ―さらに多くの元素について放射光メスバウアー分光測定が可能に―

最新の話題

関西光科学研究所 | プレス発表:電子検出により放射光メスバウアー吸収分光法の測定効率を大幅向上 ―さらに多くの元素について放射光メスバウアー分光測定が可能に―

掲載日:2014年2月27日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> プレス発表 >> 電子検出により放射光メスバウアー吸収分光法の測定効率を大幅向上 ―さらに多くの元素について放射光メスバウアー分光測定が可能に―

 

プレス発表

平成26年2月27日
国立大学法人京都大学
独立行政法人日本原子力研究開発機構
国立大学法人茨城大学

概要

京都大学原子炉実験所の増田 亮研究員、瀬戸 誠教授、北尾 真司准教授、小林 康浩助教、黒葛 真行氏(大学院理学研究科大学院生)らの研究グループとイタリアにあるトリエステ放射光研究所の齋藤 真器名博士研究員、日本原子力研究開発機構の三井 隆也主任研究員、茨城大学の伊賀 文俊教授、高輝度光科学研究センターの依田 芳卓主幹研究員らによる研究グループは、電子を測定できる放射光メスバウアー吸収分光法1)の測定システムを開発し、その測定効率を大きく高めることに成功しました。

放射光メスバウアー吸収分光法は、多様な元素に放射光を共鳴吸収2)させて物質の性質を調べられる有力な方法です。通常の分光法と異なり、電子の状態や化学状態を局所的に調べることが出来るため、磁石材料などの機能性材料のしくみを調べるために用いられています。これまで、そのスペクトル測定のために核共鳴吸収の後に発生するX線を測定していましたが、同時に発生する電子は有効活用されませんでした。電子を検出する放射光メスバウアー分光装置を開発して測定効率を飛躍的に改善できれば、測定効率の不足により困難であったレアアース元素等を利用した応用研究に道が拓かれ、それらの元素でできた機能性材料の研究など、同手法の新しい応用分野の開拓に繋がります。

本研究では、核共鳴吸収に伴うX線と電子を同時に検出できる検出器を備えた装置を世界に先駆けて開発しました。また、その装置と大型放射光施設SPring-8の大強度X線を用いて、YbB123)に含まれる174Ybの放射光メスバウアースペクトルを測定することに成功しました。今後、さまざまな元素の放射光メスバウアー測定が可能になり、レアアース磁石などの磁石材料や錯体・触媒材料・エレクトロニクス材料といった機能性材料の研究に進展がもたらされることが期待されます。

本研究の一部は科学研究費補助金・基盤研究S「同位体特定による局所状態解明のための先進的メスバウアー分光法開発」及び研究スタート支援「放射光を用いたネオジム核共鳴散乱法の開発」の補助を受け、SPring-8の利用課題として行われました。

本研究成果は2014年2月27日(米国東部時間)に、米国物理学会誌「Applied Physics Letters」にオンライン掲載される予定です。

詳細は下記をご参照ください。(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構のサイトへリンク)

 

[前の記事]
Liの分析も可能な電子顕微鏡用高エネルギー分解能軟X線分光器の開発に成功
[次の記事]
希薄磁性半導体が磁石の性質を示すカラクリを解明

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?