現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | トピックス:「SIPプログラム:レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」が日経電子版に掲載されました。

最新の話題

関西光科学研究所 | トピックス:「SIPプログラム:レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」が日経電子版に掲載されました。

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> トピックス >> 「SIPプログラム:レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」が日経電子版に掲載されました。

トピックス

「SIPプログラム:レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」が日経電子版に掲載されました。

 

内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)での研究「レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」[PDFファイル/1.16MB]が日経電子版に掲載されました。

本研究は、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の中のインフラ維持管理・更新・マネジメント技術の一部として実施しています。

以下、日経電子版より一部引用します。

量子科学技術研究開発機構の関西光科学研究所(関西研、京都府木津川市)とレーザー技術総合研究所(大阪市)は6月下旬、コンクリート内部の欠陥をレーザーで高速検出する技術の実証実験に成功した。

詳しくは、日経電子版の記事(動画あり)をご覧ください。

 

[前の記事]
関西光科学研究所の所長交代について
[次の記事]
関西光科学研究所施設共用について、平成30年度全期利用課題の定期募集を開始しました。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.