現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | トピックス:関西光科学研究所の所長交代について

最新の話題

関西光科学研究所 | トピックス:関西光科学研究所の所長交代について

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> トピックス >> 関西光科学研究所の所長交代について

 

トピックス

関西光科学研究所の所長交代について

 

2017年6月1日(木曜日)付で関西研の所長が交代いたしましたのでお知らせします。

前所長の内海 渉は新しく設置された高輝度放射光源推進準備室長就任のため関西研所長を退任し、副所長を務めておりました河内 哲哉が新たに関西研所長に就任いたします。

内海前所長には2年5カ月の任期の間、量子ビーム部門の原子力機構からの移管統合、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構の発足等、変革の荒波をしっかりと舵取りしていただきました。

今後は河内新所長の下「光」を通じた我が国の量子科学技術の発展とイノベーション戦略に貢献する開かれた研究拠点としての役割を果たすべく、職員一同、より一層努力してまいります。皆様のご理解・ご協力を宜しくお願い申し上げます。


左:内海前所長 右:河内新所長

 

[前の記事]
坂井 徹客員グループリーダーの論文が「2016年JPSJ誌に最もよく引用された論文」に選定されました。
[次の記事]
「SIPプログラム:レーザーを活用した高性能・非破壊劣化インフラ診断技術の研究開発」が日経電子版に掲載されました。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?