現在地
Home > 最新の話題 > 関西光科学研究所 | トピックス:早川 岳人氏、科学研究費助成事業(科研費)の審査委員表彰(平成27年10月31日)

最新の話題

関西光科学研究所 | トピックス:早川 岳人氏、科学研究費助成事業(科研費)の審査委員表彰(平成27年10月31日)

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> トピックス >> 早川 岳人氏、科学研究費助成事業(科研費)の審査委員表彰(平成27年10月31日)

 

トピックス

早川 岳人氏、科学研究費助成事業(科研費)の審査委員表彰(平成27年10月31日)

 

科研費には、全国の大学・研究所に所属する研究者が、年間約10万人応募します。選ばれた約5,500人の研究者(終了まで非公開)が、応募された提案を公正に審査します。その審査員の中で特に有意義な審査意見を付した審査員が表彰されます。早川 岳人研究主幹(レーザーコンプトンガンマ線研究グループ)は、平成26~27年度の審査を務め、この度、表彰されました。

受賞の記念撮影

早川 岳人氏と共に同賞を表彰した長縄 弘親氏(環境化学研究グループ)の二人が、児玉 敏雄理事長へ今回の受賞について報告した様子。(右から、児玉理事長、長縄氏、早川氏、三浦理事、森山理事)

(補足説明:科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。)

 

[前の記事]
平成27年11月16日微細構造解析プラットフォーム「放射光設備利用講習会」のお知らせ(播磨)
[次の記事]
関西光科学研究所(木津地区)の施設を公開しました。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?